Search for Dark Horse
穴馬を探し続けるBlog
Author:Durandal

広島から穴馬を探し続けてはや??年

Welcome to my blog. %Please enjoys.

人気薄の馬を的中させる感動を・・・

JRA 今週の重賞

Link

このブログをリンクに追加する

Information

Counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌記念予想
注目はやはりブエナビスタでしょう。

春のクラシック戦線では次元の違う走りを見せてきましたが
古馬との力関係や小回りコースの適性など未知な部分を
どう考慮していくのかが難しいところです。

私的見解は、古馬との力関係は遜色なしとみていいでしょう。
斤量面でも52kgなのは十分すぎる好材料。
やはり、ポイントとなるのはコース適性の部分では。

コーナーを四つ回る小回りコースは向いていないでしょう。
不安材料を見つけるならそこだけです。

なので、穴馬探しのポイントは小回りコースの得意な馬になります。

◎ 3 ヤマニンキングリー

小回り巧者の馬に期待します。
スピード・瞬発力ともに兼ね備えた馬ですし
力のいる馬場にも対応できると判断しています。

○ 1 シェーンヴァルト

位置取りが正直判りませんが
内の経済コースからすっと抜け出すイメージ。

▲ 11 ブエナビスタ

差して届かずと結論付けました(^^;)
ここでの凡走は逆に凱旋門賞への期待は高まると思っています。
ロンシャン競馬場はこの馬には合いそうだから。

△に4頭

2 マイネカンナ

7 シャドウゲイト

13 ミヤビランベリ

9 タスカータソルテ

  


スポンサーサイト
北九州記念予想
いい加減、夏のサマーシリーズは牝馬買っとけよ。
てな感じが定着しつつある世間一般ですが・・・

素直に買えないのが馬券ベタの証でしょうか(^^;)

◎ 5 シャウトライン

牡馬です!
小倉1200mはこの馬には合っているはず。
近走の内容も悪くないと思っていますし
とくに2走前のバーデンバーデンCの内容はここでも
好走をする可能性を示唆しているようで・・・

○ 4 カノヤザクラ

平坦小回りなら抜けた存在かも。
新潟1000mは小倉1200mに通ずる。

▲ 3 クールシャローン

典型的な小回り平坦ローカルな馬。
ここが狙いでスプリンターズSにでてくれば切りたい馬。

△に4頭

6 メリッサ

12 コウユーキズナ

13 レディルージュ

15 コスモベル


牝馬は買わないといいながら◎意外はすべて牝馬になっちゃった(^^;)


クイーンステークス予想
函館開催がない影響はここでも微妙にありそうな・・・

いつもなら開幕週のクイーンSで先行馬天国なレースになりがち。
でも今回はそんなに単純なレースではなさそう。

混乱する要因が増えることは予想は難しくなりますが
穴党には嬉しいかぎりです。

◎ 3 ビエナビーナス

平均ペースで流れることが多いレースで持続力が問われるレース。
そんな中でこその切れ味のある馬です。

○ 8 アメジストリング

このメンバーの中に入っても遜色ない能力とみています。
函館開催がない恩恵はこの馬が一番受けていそう。

▲ 9 レッドアゲート

前で粘るのはこの馬か。
ヤマニンが逃げて番手の競馬になりそうですが
前々での積極的な騎乗をすれば好結果に繋がりそう。

△に3頭

6 ザレマ

11 スペルバインド

14 ムードインディゴ


関屋記念予想
こちらは、簡単に(^^;)

◎ 3 ライブコンサート

○ 15 キャプテンベガ

▲ 5 マルカシェンク

△に4頭

2 マイネルレーニア

16 トーホウレーサー

13 スマイルジャック

7 キングストレイル



 
函館2歳ステークス予想
2歳世代最初の重賞。
ここに出られる馬は早期デビューで早期勝ち上がりの馬たち。

1・2戦の経験だけで予想せいというのも酷なもので
2走目で一変する馬もいるのでセオリーは全く通用しないとみていいでしょう。

で、結局なにが言いたいのか・・・

荒れることを願って思い切った予想をしましょう。
ということで・・・


◎ 11 インテグラルヘッド

札幌の芝は最適かも。
枠もいい感じで、内の先行馬を見ながら
自分の競馬ができそう。
昨年、三浦騎手が初重賞制覇したように
的場騎手の重賞初制覇があってもなんの不思議もない。

○ 1 ステラリード

1200mは短い気がしますが
2・3着に食い込む力は十分にあるとみます。

▲ 9 クロワモラー

キョウエイアシュラの末脚が目立っていますが
負けない脚も持ち主。
アシュラより前で競馬するのであれば、
こっちから狙いたいところ。

△に4頭

13 ロジディオン

7 チェリーソウマ

3 エスカーダ

2 ショウナンカガリビ


2歳戦は大胆に^^


 
小倉記念予想
小回り平坦コースは基本前有利なのですが・・・

この小倉記念は案外差しも決まっている為、予想を難解にします。
軽ハンデですっ飛んでくる馬もあまりいない・・・
ハンデ背負わされても、重賞実績あれば信頼できるということか・・・

なかなか穴馬を探し出すのが難しいレースです(^^;)

◎ 14 クラウンプリンセス

逃げるまではいかないでしょうが、前で勝負するであろう馬。
53kgの手ごろな斤量で、最後までスピードが落ちない。

○ 1 チョウサンデイ

内々で死んだふりして、直線一気のイメージで。
小回り平坦でこその馬と信じたい。

▲ 10 テイエムアンコール

外差し勝負をしてくる馬ではダイシンプランよりは
こちらのほうが魅力を感じます。
位置取りが勝敗を分けると思いますが
中団で折り合えば勝機は十分。

△に4頭

9 ホッコーパドゥシャ

18 ダイシンプラン

6 シルバーブレイズ

2 トウカイルナ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。