Search for Dark Horse
穴馬を探し続けるBlog
Author:Durandal

広島から穴馬を探し続けてはや??年

Welcome to my blog. %Please enjoys.

人気薄の馬を的中させる感動を・・・

JRA 今週の重賞

Link

このブログをリンクに追加する

Information

Counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーチステークス予想
G1の影にかくれる地味なダート重賞・・・

昨年もこんなこと書きました。
大荒れになるのはこっちでしょうか・・・
人気かぶったエスポワールシチーが・・・

◎ 16 ダイショウジェット

番手の競馬で美味しいところをもっていく可能性も十分。
人気無さ過ぎで少々ビビリ気味の◎ですが
終いもしっかりしていますし魅力はあります。

○ 8 カフェオリンポス

ダイショウジェットと同じような位置取りから
2頭あわせてゴール前強襲しそうな雰囲気。

▲ 11 エスポワールシチー

さすがに馬券圏外にするのは無謀でしょう。
このメンバーでは能力上位なのは間違いのないところ。

△に4頭

7 エスケーカントリー

6 マコトスパルビエロ

4 ランザローテ

3 サトノコクオー







 




 
スポンサーサイト
高松宮記念予想
いろいろ考える要素が多すぎてどうしたらいいのか分からない状態(^^;)

先行有利な中京ですが、外差し利きそうな馬場状態だし
決まってテンが速くなって差し決まりそうな感じはしています。
ただし、大外ぶんまわしてると届かずになりそう。
デュランダル級の差し脚があれば別ですけど・・・

人気になりそうなのは、スリープレスナイトでしょうか。
確かに実績・能力では一歩上でしょうが、病気明けの6ヶ月ぶりは
やはり割引要素。
仕上がりは良さそうですが、当ブログの方針として
評価は下げます(^^;)

前日オッズを眺めていると、不思議に思ったことが・・・
このレースは阪急杯組の相性の良いレースなのですが
軒並み阪急杯組の人気がそんなに高くない。
(最終的にはわかりませんが)
ここは積極的に狙ってみたくなります。


◎ 5 トウショウカレッジ

阪急杯からの巻き返しと差しがきまりそうな展開で
この馬を選択します。
中京コースの相性も良いですし、追える鞍上で
差しきってほしい。

○ 9 キンシャサノキセキ

前走は馬場が会わなかったようで度外視。
逆に前走大敗で人気下がれば美味しさ倍増。

▲ 13 ローレルゲレイロ

この馬がハナを切るのでしょうか。
スピード能力ではビービーよりも評価は高いです。
鞍上も差があるか・・・

△に4頭

14 ドラゴンファング

16 ビービーガルダン

15 アーバニティ

4 スリープレスナイト


印がまわりきらないというのが正直なところ。
各馬ともそんなに差はなくて、どの馬が勝ってもおかしくない
レースでしょう。
馬券は手広くなりそう・・・(^^;)



日経賞予想
マツリダゴッホが大阪杯にまわることになって
なんだか寂しいメンバー構成になってしまた感が否めない・・・

イメージ的には平穏なレース。
人気的にはそんなに集中しそうな馬がみあたらず
波乱の要素も無きにしも非ず?

◎ 9 アーネストリー

なんか穴人気しそうでやな感じなのですが・・・
番手の競馬で上手く展開にハマリそう。
そんなに格を問われないレースなのでここでいきなり
重賞初制覇となっても不思議ではない。

○ 11 ネヴァブション

間隔はあいていますが状態は良さそう。
得意なコースですし展開に左右されないのも有利。

▲ 4 キングストレイル

逃げ粘れるかといえば多少疑問がのこりますが
馬券に絡む可能性はあるとみています。

△に3頭

1 アルナスライン

10 ホクトスルタン

12 モンテクリスエス



毎日杯予想
毎日杯→NHKマイルC→ダービーの流れが確立しつつあります。

確かに、なんとかクラシックに行きたいがために
間隔の詰まったローテでここを使って玉砕する馬も多いようで
皐月へ向かうよりもNHKへが主流になるのもうなずけます。

今回の毎日杯はアプレザンレーヴに人気が集まりそう。
ただ、絶対的な存在ではないので能力はあるのに人気のない馬が
穴を演出する可能性もあるのではと前向きに考えます。

◎ 8 ストロングリターン

展開を考える上でもアプレザンレーヴの瞬発力は優秀ですが
私的にはこの馬の能力も引けを取らないと評価は高いです。
マイラーと決め付けるのはまだ早い。

○ 11 アプレザンレーヴ

ゆったりとしたローテに好感が持てます。
能力評価もこの中に入ると当然上位なのは
間違いのないところで、展開も向きそうです。

▲ 5 オオトリオオジャ

直線だけのヨーイドンならば一発あってもおかしくない馬。
うまく流れにのれれば面白い存在になりそうです。

△に3頭

14 アイアンルック

10 ワイドサファイア

9 ダブルウェッジ












 




阪神大賞典予想
堅いレースの代表的なレース(^^;)

ただ、今回はどの馬が人気になるのか
絶対的な馬が見当たらない印象です。

アサクサ・オウケン・スクリーンあたりが上位人気でしょうか。

最近の長距離レースの印象は道中やたらスローに流れて
直線だけのレースになりがちで、自分的には少々つまらなさを
感じています。

◎ 11 ナムラクレセント

なんか穴党はこの馬に集中しそうでやな感じですが(^^;)
上位人気に対抗できそうなのはやはりこの馬でしょう。
終いもしっかりしていますし道中うまく脚をためれたら
一発の可能性はあると思います。

○ 12 オウケンブルースリ

前目の馬に人気が集まることを期待して
切れで優るこの馬に期待。

▲ 10 スクリーンヒーロー

この中ではどんな展開になっても対応できる
能力があると思っています。

△に3頭

7 アサクサキングス

8 ヒカルカザブエ

1 エアジパング



スプリングステークス予想
皐月賞トライアルの最終戦。

アンライバルドとフィフスペトルが人気を分け合う形になりそう。
単勝1倍台のダントツ人気ならば信頼性は高い傾向にありますが
そこまでにはなりそうもなく、多少の紛れは期待できるかも・・・

昨年のフローテーションのような馬を見つけられるかが
ポイントになりそうです。

◎ 7 レッドスパーダ

抜群の切れ味を発揮しそうな雰囲気をかもし出している
この馬がイチオシです。
マイルしか経験がありませんが、この時期の3歳馬は
まだまだ距離適性は見極められません。

○ 6 エグゼキュティブ

差す馬がレッドスパーダなら前でのこるならこの馬。
スピード能力は抜けた力があります。

▲ 2 フィフスペトル

実績では一番。
弥生賞回避してここにきたからには3着までに入らなければ
シャレにならないのでは。

△に4頭

12 アンライバルド

1 リクエストソング

16 セイクリッドバレー

14 サンカルロ







ファルコンステークス予想
近年はそれほど荒れてはいませんが、基本は荒れ傾向。

小回り平坦では、やはり前につける馬が有利なのは確か。
しかし、今回は前で競馬をしたい馬が結構いるので
前総崩れの可能性があってもおかしくない状況。

道中、内々の経済コースを通って脚をうまく溜めた馬の
差しが決まることも考慮する必要がありそう。

◎ 13 デグラーティア

小回り平坦では力を発揮できるタイプ。
上手く内をつける騎乗ができれば勝機は十分にありそう。

○ 4 スパラート

展開が一番向きそうなのはこの馬。
良い枠に入ったし、すんなり好位につけて
終いよく伸びてきそう。

▲ 11 ジョーカプチーノ

前に行く馬のなかではこの馬の能力を評価。
逃げ粘る力はあると思っています。

△に4頭

12 エイシンクエスト

2 キングスレガリア

14 ゲットフルマークス

17 ジョーメテオ


フラワーカップ予想
人気馬の連対率の高いレース。
2.3着に突っ込んでくる穴馬を探すのが基本となりそう。

人気が集中しそうなのはディアジーナぐらいでしょうか?
あとはそんなに差はなさそうで、人気は割れ気味なのか?

◎ 7 シゲルキリガミネ

前で競馬をする馬を中心に考えるとこの馬が魅力的。
坂の克服がポイントになりそうな馬ですが
スピード能力は高く評価しています。

○ 3 マジックシアター

前で競馬をするであろう馬たちの中では
切れる脚では光るものがあります。
内枠に入ったのも好材料。

▲ 16 ディアジーナ

スピード・瞬発力ともにそれほど突出しているわけではないが
平均した能力の持ち主なのでは。
外枠はマイナス材料ととりました。

△に4頭

9 ダイワバーガンディ

6 ロイヤルネックレス

5 アイアムマリリン

13 パドブレ


中山牝馬ステークス予想
牝馬のハンデ戦で荒れる要素満載^^

ここでの狙いは、重賞でも好走していたが近走さっぱりな馬。
直線突っ込んできそうな軽ハンデの追込み馬。

◎ 10 アルコセニョーラ

このメンバーでは瞬発力は抜けた力がありそう。
坂だけが不安要素ですが・・・

○ 6 リビアーモ

軽ハンデの追込み馬。
条件戦からここへは好結果はでていませんが
重賞でも十分通用するであろう差し脚は魅力。

▲ 5 ブラボーデイジー

前で競馬をする中では、ザレマよりこの馬に魅力を感じます。
テイエムプリキュアのように思い切った逃げなんかすると
面白いんですけどね。

△に4頭

8 キストゥヘヴン

12 ダンスオールナイト

1 ザレマ

14 ヤマニンエマイユ


フィリーズレビュー予想
前残りもあれば差しも決まる・・・
なかなか傾向として捕らえることが難しい印象のあるレース。

牝馬のレースでありながら上位人気は結構信頼できる
結果というのも不思議な感じです。
ただ、昨年のマイネレーツェルや一昨年のアマノチェリーランのように
人気同士での決着にはならず、ヒモ荒れ傾向です。

そんな波乱を演出する馬を探し当てたいところです。

◎ 5 スイリンカ

基本、前で競馬ができる馬の中で終いもしっかり伸びてくる馬。
前走、前々走となかなかセンスの良い走りをしていますし
ここでも好勝負してくれるのでは。
ただし、小柄な馬なので馬体重は要注意。

○ 11 ミクロコスモス

ここで権利を取らなければ桜花賞は厳しくなる状況。
陣営も鞍上もかなり本気モード。
能力は高いだけに、不利なく競馬をすれば楽勝もある?

▲ 4 チャームポット

道中淡々と流れる展開になれば、この馬にも
十分にチャンスはありそう。
好位から切れるイメージで。

△に4頭

4 スペシャルクイン

6 アイアムカミノマゴ

1 キリコンサート

14 コウエイハート




中京記念予想
3着までには必ずと言っていいほど人気薄が突っ込んでくる
超難解レースな中京記念。

小回り平坦ハンデ戦はもともと荒れやすいのですが
このレースは特に、先行争いが激化して上がりがかかり
持続力の問われるレースになりやすい。
それ故に、ハンデを背負った有力馬は苦しい展開に陥りやすいのでは。

差しが決まるパターンは3コーナーから動ける
自在性をもった差し馬が台頭しているようです。
直線だけに賭ける瞬発力勝負の馬は届かずで
終わる可能性があって危険な感じです。

◎ 3 ホッコーソレソレー

復帰してからは大敗続きの馬ですが、このレースでは
一番気になってしょうがない馬です。
瞬発力では文句なく上位の能力があります。
小倉大賞典を大敗した馬は以外にもこのレースを好走します。
最後方からの競馬にならなければ一発あってもおかしくないはず。

○ 6 ベンチャーナイン

他馬が力尽きていく直線をこの馬だけが伸びてくるイメージ。
道中競り合うことなく、自分のペースで走ってくれば
好勝負になりそうです。

▲ 1 ヤマニンキングリー

ズバリ、3着のイメージで(^^;)
小倉大賞典を好走した馬は人気を背負って飛びやすい。

△に4頭

17 バトルバニヤン

2 レッツゴーキリシマ

8 サクラオリオン

12 トウカイルナ


美味しそうな馬がごろごろいて絞りきれない・・・

オーシャンステークス予想
人気薄の先行馬が穴を演出するパターン。

今回も先行馬が有利な展開になる可能性は十分に
有りそうなので、うまく拾いたいところです。

◎ 11 サープラスシンガー

人気が読めないので、難しいところですが
テン最速と言ってもいいぐらいのこの馬に期待。

○ 7 アーバニティ

スピード能力はかなり高いものがあります。
連闘は基本的に買いです。

▲ 16 モルトグランデ

◎にするかどうか最後まで迷いました(^^;)
道中、中団より前で競馬ができれば
面白い存在になりそうですが・・・

△に4頭

9 キンシャサノキセキ

8 マチカネハヤテ

3 コレデイイノダ

10 アポロフェニックス


チューリップ賞予想
ブエナビスタを負かす馬を探す。

それ一点につきるチューリップ賞です。

付け入る隙はどこにあるのか?
賞金的に余裕があるので、ここは叩き程度な走りをした時に
死角が発生するかも・・・
あるいは、前が止まらない展開になった時
にチャンスがありそう・・・

◎ 9 カウアイレーン

前で競馬ができるスピードと瞬発力の高さから
この馬が一番魅力を感じます。

○ 5 ブエナビスタ

仮に叩きであっても連は外さないだけの力はあるでしょう
この馬がここで凡走してくれれば馬券的には
面白いのですが・・・

▲ 3 ブロードストリート

好位から上手く脚をためて一気に抜ける
可能性も十分有り得る。

△に4頭

12 ハッピーシャトル

11 マイティースルー

4 ジェルミナル

1 ルージュバンブー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。