Search for Dark Horse
穴馬を探し続けるBlog
Author:Durandal

広島から穴馬を探し続けてはや??年

Welcome to my blog. %Please enjoys.

人気薄の馬を的中させる感動を・・・

JRA 今週の重賞

Link

このブログをリンクに追加する

Information

Counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根岸ステークス予想
フェブラリーSを見据えたレースですが
ここを勝っても賞金足らずにG1出れない馬もいて
ダート重賞はなかなか大変です。

ダートG1に向けてのトライアル制の導入を考えてもいいのでは?
急激に力をつけてきた馬が賞金足らずにG1出れないのは
残念だし、盛り上がりに欠ける原因になるような気がしています。

◎ 3 セントラルコースト

下級条件から連勝してきて、力をつけてきている馬です。
根岸Sで内枠に入った逃げ馬は無条件で買いです。
先行力はここでも通用しそうですし
内田騎手も思い切ったレースができるのでは。

○ 1 ビクトリーテツニー

逆に、内々が仇となる可能性がありそうですが
この馬の切れ味は捨てれません。
鞍上の手腕に頼るところが大きいですが
横典ななんとかしてくれると希望的観測。

▲ 11 フェラーリピサ

総合力では上位なのは間違いのないところ。
休み明けが嫌われれば狙いどころです。
まぁ、人気するでしょうね(^^;)

△に4頭

8 オフィサー

6 ナンヨーヒルトップ

4 ヒシカツリーダー

15 スリーアベニュー



スポンサーサイト
京都牝馬ステークス予想
この京都牝馬Sの印象は、なんか中途半端。
そんなに堅く収まるでもなく、大きく荒れるわけでもない。

馬券でいえば、軸流しよりもボックスでって感じでしょうか(^^;)

◎ 6 チェレブリタ

不本意ながら、武さんを◎です(><)
いつ以来でしょうか、武豊を◎にするのは・・・
私的には、このメンバーの中では抜けた能力があると評価しています。
溜めて溜めて届かずをよくやらかすので、それが心配ですが・・・

○ 1 オディール

この馬がどんな位置取りでレースをするのかが読めませんが
比較的前目の競馬をしてくれたら頭も十分に有りかと。
スピード能力で上位の評価です。

▲ 2 スペルバインド

希望は、チェレブリタとの叩き合いでゴール板に駆け込むパターン。
同じような位置取りからの競馬になりそうで展開は向きそう。

△に3頭

14 ハチマンダイボサツ

5 ザレマ

9 ニシノマナムスメ


東京新聞杯予想
先行勢に有力どころが集まったという印象です。
ただ、極端な逃げ馬は見当たりません。
ファストロックあたりが逃げそうですが、前でゴリゴリ総崩れはなさそう。
かといって、前にいった馬だけで決まるとも思えません。

荒れる要素はあまり見当たりませんが、結構難解なレースです。

◎ 9 マルカシェンク

先行勢に人気が集まることを希望しての◎。
正直、人気は読めませんが、実力のある差し追い込み馬に期待。
瞬発力では、このメンバーでも上位と評価。

○ 11 サイレントプライド

斤量で嫌われることを希望。
道悪になるとこの馬が一番魅力的。

▲ 5 ローレルゲレイロ

香港帰りが多少気がかりではありますが
能力的には外せないところ。
調子もよさそうですし、東京マイルは合っているでしょう。

△に4頭

12 タマモサポート

16 キストゥヘヴン

4 リザーブカード

7 ゲイルスパーキー




平安ステークス予想
ダート戦線は目標のG1に出る為にも、賞金を加算したい馬が必死に争うので
このあたりの重賞は非常に面白いレースになります。

特にこの平安Sは荒れ傾向なので穴党にとっては力の入るレースの一つです。

展開的には、連勝中のエスポワールシチーがハナを切りそう。
ただ、その後ろからは積極的に追いかける馬は見当たらなくて
ペースは平均に落ち着きそう。
前目の位置取りが勝機のポイントになりそうと読みます。

◎ 10 ネイキッド

スピード能力は高いものがあります。
すんなりと番手につけて、自分のペースで走れそう。
持ち味を十分に発揮できる展開になりそう。

○ 2 ワンダースピード

位置取りが一番の問題。
後ろ過ぎると一歩届かずになる可能性も。

▲ 9 サンライズバッカス

相変わらず、3着なイメージ。
乗り替わりはプラス材料とみていいでしょう。

△に4頭

6 マコトスパルビエロ

3 エスポワールシチー

7 マイネルアワグラス

12 ダークメッセージ








 
 
AJCC予想
サンツェッペリンが出てくると冷静な予想ができなくなりますが
いつもの予想スタイルを加味しながら、サンツェッペリンの入り込む余地
があるのかを冷静に判断しようと思います。

各馬の過去のレース状況から展開を予想すると
前に行きそうなのはメイショウレガーロぐらいでしょうか。
他の馬も積極的に追走するタイプではなくて
スローな流れになる可能性は高そう。

結局は、瞬発力が問われるレースになりそうです。

てことは・・・

サンツェッペリンの出番は・・・無し(^^;)

出番が有るとすれば、この展開予想が崩れる時です。
ズバリ勝機は逃げること。
思い切った逃げをサンツェッペリンが打ったとき可能性が見えてくるような気がします。

そう、先週のプリキュアのように・・・

◎ 9 マイネルキッツ

後方からレースをする馬の中ではこの馬が一番気になります。
人気の面でも4・5番人気ぐらいで落ち着きそうで妙味もありそう。

○ 3 ネヴァブション

骨折してから力が落ちたような感じは確かにありますが
中山適性は十分ですし、好位につけて終いもしっかり伸びる脚を
発揮してくれれば勝機はあるはず。

▲ 5 サンツェッペリン

心の◎です(^^;)
幸か不幸か、展開が大きく外れたときに大激走を期待。
希望は大逃げ。

△に3頭

11 ドリームジャーニー

4 メイショウレガーロ

2 アルナスライン









 

日経新春杯予想
アドマイヤモナークのおかげで、荒れそうな臭いがプンプンなレース。

昨年の勝ち馬で有馬2着は人気必至でしょう。
でも、昨年と今年ではここへの臨戦過程が違います。
危険な人気馬と都合よく判断します(^^;)

◎ 10 テイエムプリキュア

大穴をあける日がやって来ました(^^;)
もともとスピード能力は一定水準以上のものを持ち合わせていますが
ムラがありすぎなのがこの馬の判断を難解にさせます。
49kgは十分にスピードを活かせます。
大駆けする条件は揃ったとみます。

○ 7 タガノエルシコ

スピードではやや劣りますが、瞬発力では引けを取らないと評価しています。
軽ハンデの差し馬では一番魅力を感じます。

▲ 15 アドマイヤモナーク

ズバリ3着付け(^^;)
昨年のアドマイヤジュピタとイメージが被ります。

△に3頭

8 ナムラマース

11 マイネレーツェル

9 アグネストレジャー


   

京成杯予想
何故だか、このレースの勝ち馬はクラシックで勝てない・・・
世間一般にもクラシックに繋がらないレースとして認知されているだけに
ここで好走した馬は本番で人気しないことが多い。

逆に、穴党にとってはこのレースで好走した馬は本番では狙いです。
中山芝2000mの適性がありながら人気しないのは美味しいってことです。

今回の京成杯の展開は、差し有利と読みます。
フサイチとサトノあたりが前にいきそうですが、それほど早くはならず
後続もそんなに早くないので淡々とした流れになる可能性大。
十分に末脚を活かせる展開となりそうなのでは。

◎ 13 セイクリッドバレー

スピードもありながら、しっかりとした末脚が使えるこの馬には
良い展開になりそう。
ナカヤマフェスタよりは中山向きだと思います。

○ 2 ナカヤマフェスタ

人気になると思いますが、展開はこの馬にも合いそう。
中山適性だけが疑問なところ。

▲ 10 モンテトウルヌソル

道中、最後方で直線大外強襲のイメージ。
このメンバーの中では切れ味は上位と評価しています。

△に3頭

7 トゥリオンファーレ

6 アーリーロブスト

3 ケニアブラック











 

 
フェアリーステークス予想
そろそろ、限界が近づいてきました(^^;)

このレースは簡単に印だけであしからず。

◎ 7 マイティースルー

○ 10 パールシャドウ

▲ 11 ダイワバーガンディ

△に4頭

4 グッデーコパ

13 カツヨトワイニング

12 イルドロール

1 ジェルミナル





シンザン記念予想
ただいま帰って参りました。
AM0:30て・・・
正月早々忙しすぎだろっ
くたくたなワーカーズハイ状態で予想します(^^;)

シンザン記念といえば、クラシックに繋がらない重賞でしたが
最近は、ダスカやオーラなど有力どころを排出しています。

今回のメンバーは・・・・
う~~ん、どうでしょう?(^^;)

◎ 1 アントニオバローズ

スピード・瞬発力ともに抜けた存在とみます。

○ 11 モエレエキスパート

切れる脚はそんなにありませんが、
スピード能力ではそうとう高いものがありそう。

▲ 8 ミッキーパンプキン

人気の一角でしょうが、大崩れしなさそう。
よく言えば堅実、悪く言えばコジンマリでしょうか。

△に4頭

10 トップカミング

3 ダブルウェッジ

13 ピースピース

4 タキオンクール


ニューイヤーS
復活をかけるサンツェッペリン。

1/10中山11RのニューイヤーSに出走です!

ここにきてやっと復調の兆しが・・・・
調教で良いタイム出してます。うぅ、それだけで嬉しい^^

金杯除外組がここへまわってきているようで、メンバー的には
面白そうなレースになりそうです。

このレース、冷静に予想できそうにないので
簡単に印だけで(^^;)

◎ 10 サンツェッペリン

○ 11 カレイジャスミン

▲ 13 ダブルティンパニー

△に3頭

1 フサイチアソート

3 ホッカイカンティ

5 マヤノツルギ


まったくもって、希望的観測予想です(^^;)
サンちゃんの復活を切に願って・・・




京都金杯予想
中山の金杯よりは荒れそうなメンバー構成。

なんといってもアドマイヤオーラは危険なオーラをかもし出してるような・・・
この馬が人気を持っていってくれればと密かに願いながら・・・

展開的には、リキシオー・タマモサポート・バトルバニヤンぐらいしか前に
行きそうにないし、それほどハナにこだわる馬でもない。
淡々とした流れになる可能性は高そう。

てことで、差し有利な展開と読みます。

◎ 6 シンボリグラン

京都では何故か好走してしまう馬。
典型的な差し馬ではありませんが、中団で上手く流れに乗れた時
力を発揮する馬です。
今回は展開がこの馬に向きそう。

○ 10 アドマイヤスバル

東西金杯の制覇もあるかも?!
それぐらいこの馬も展開は合いそう。
瞬発力では能力高いですし、
芝2戦目は好材料と判断したい。

▲ 13 バトルバニヤン

上位3頭全部が差しで決まることはあまりなく
前で残る可能性がありそうなこの馬を選択。
勝機があるとみての連闘と判断したい。

△に4頭

7 ショウナンアルバ

5 ファリダット

2 マルカシェンク

3 ヤマニンエマイユ


完全にオーラ切り。
それよりもソレソレーの方が気になります・・・













  
 

中山金杯予想
明けましておめでとうございます。

昨年は、穴馬の狙いは良かったのですが
馬券になかなか繋がらず、くやしい思いの多かった一年でした。

今年は、穴馬探しは勿論のこと
高額馬券GETもたくさんできるように頑張りたいと思います。

メモ書き程度なブログですが、今年も宜しくお願いします。


◎ 6 キングストレイル

前走の天皇賞9着は内容的には悲観するものではないでしょう。
特に、このメンバーの中に入ると能力的には上位で
相手関係が落ちる今回は十分狙えるレースでしょう。

○ 1 アドマイヤフジ

前走の初ダートは度外視してもいいと判断。
毎日王冠の内容は優秀で、実績的には上位。
ハンデを背負いますが、中山2000mでは外せないでしょう。

▲ 11 ネヴァブション

有馬に出ていたら、本命も十分に考えていた馬です。
中山適性はありますし、ここでは能力上位とみます。


△に4頭

8 シャドウゲイト

4 マイネルキッツ

2 オペラブラーボ

16 ダイシングロウ












   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。