Search for Dark Horse
穴馬を探し続けるBlog
Author:Durandal

広島から穴馬を探し続けてはや??年

Welcome to my blog. %Please enjoys.

人気薄の馬を的中させる感動を・・・

JRA 今週の重賞

Link

このブログをリンクに追加する

Information

Counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スワンステークス予想
人気馬同士で決まることがないG2戦。

スプリンターズS組が人気を持っていってこけるパターン。
つまり、スズカフェニックスをどうするかが問題でしょう。

確かに、1200mより1400mのほうが良いでしょう。
しかし、同じ切れ味を持つ馬がいたらどうしましょう?
スズカより人気がないなら迷わずそっちへ(^^;)

◎ 4 カノヤザクラ

いまや、スズカと同等の力があると評価しています。
枠順も良い所に入ったし、スズカより前で競馬ができて
同じ脚を使えるのなら勝機は十分にありそう。

○ 9 ファイングレイン

G1勝ち馬なのに評価が下がり気味。
こんな時こそ積極的に狙いたくなります。
先行勢のなかでは能力上位で残るならこの馬では。

▲ 15 スズカフェニックス

どうもこの馬のイメージが後ろ過ぎて一歩届かず(^^;)
乗り替わり2戦目の横典がどう乗るかが見もの。
(先週のノットアローンではやられました・・・)

△に3頭

11 トウショウカレッジ

2 ジョリーダンス

16 マイネルレーニア


マイルCSに出たいファリダットは絶対に勝ちたいレースで陣営・鞍上ともに
かなり力が入っていて、かなり人気しています。
着たら素直にごめんなさいです(^^;)
しかし、こなかったらおいしい結果が・・・

スポンサーサイト
菊花賞予想
クラシックの最終レースでもある菊花賞。
今年のクラシック戦線は桜花賞で大波乱
秋華賞でも大波乱。
牡馬クラシック最終戦でも大波乱で終わって欲しいと願うばかりです。

◎ 2 ノットアローン

話題のオウケンブルースリに人気が集まっていますが
オウケンより前で競馬をしてさらに切れる脚を使える馬を本命に。
絶好の枠を引いたのも好材料です。
しかし、オウケンブルースリやカルストンライトオ・・・とかって
尻切れネームはどうも・・・・9文字制限なんてやめればいいのに・・・

○ 8 スマートギア

瞬発力ではオウケンよりも上と評価しています。
差しが決まる展開の中でオウケンよりは前に位置するであろう
この馬のほうが魅力的。

▲ 14 オウケンブルースリ

神戸新聞杯と同じような結果になりそうで
位置取りが後ろ過ぎて一歩とどかずのイメージ。

△に4頭

13 シゲルフセルト・・・実は当初は◎にしようとしていた馬。切れ・スピードともに優秀。

9 マイネルチャールズ・・・春の有力馬。ここで勝ってもおかしくない能力あり。

1 フローテーション・・・血統は菊向き。近走負けすぎが返って狙いか

15 ベンチャーナイン・・・オウケンと同タイプ。一緒に上がってくるか?


富士ステークス予想
本来ならばマイルCSに向けてのレースとして存在するはずだった?レース。

しかし、現状は全く関係ないG1ではちょっと足りない馬たちの
ここならなんとかいけるんちゃう?的な微妙かつ楽しいレースと化しています。

休養明けの馬も多くどの馬が勝ってもおかしくないレースになるケースが多く
荒れる要素満載のレースだと思っています。

◎ 18 ホッコーソレソレー

1年ぶりの競馬でさすがに誰もが敬遠しそう。
常識的にはここは叩きで次走が狙いなんでしょうが
本来もっている能力だけで比較するとこのメンバーの中でも
上位に位置すると思っています。
鉄砲は利くタイプだと思いますし、勝浦騎手ってのも良い感じ。
常識にとらわれていては穴馬券はとれません。

○ 15 バトルバニヤン

展開的には今回はちょっと向かない感じですが
ノリノリの岩田騎手はやはり魅力で、2週連続G1勝利の可能性より
こっちを取る可能性のほうが高そう(^^;)
前に行って粘るのはこの馬が有力。

▲ 7 マルカシェンク

常識的に考えれば、能力上位で展開も合いそう。
切るまでの勇気はありません(^^;)

△に4頭

3 エイシンドーバー

16 フサイチアソート

1 リザーブカード

14 マイケルバローズ


 
府中牝馬ステークス予想
西の秋華賞に負けないぐらいのなかなかの好メンバー。

休養明けのカワカミプリンセスの評判がすこぶる良さそうで取捨に迷うところ。
人気はカワカミに集中しそうですが、紛れも十分にありそうなメンバー構成です。

◎ 5 ローブデコルテ

完全に距離で真っ先に切っている人多数。
天邪鬼的思考回路の持ち主としては狙いたくなります。
下手に阪急杯なんかを好走してしまっているが為に
1400mがベストな馬のイメージになってしまっているような・・・
仮にもオークス馬ですし、1800mの実績もあります。
東京1800m、十分魅力的に写ります。

○ 13 キストゥヘヴン

休み明けよりも一度使った馬のほうを取りました。
スピード能力では一枚上と評価しています。

▲ 7 カワカミプリンセス

休養明けの馬の中では、やはりこの馬でしょう。
乗り替わりも好材料だと判断します。

△に4頭

15 アサヒライジング

12 ヤマニンメルベイユ

16 ブルーメンブラッド

2 ベッラレイア

 

秋華賞予想
今年の秋華賞はレジネッタとトールポピーに人気が集まっていますが
各馬ともにそれほど力の差はないように感じています。

結局は、展開次第でどの馬にも勝つチャンスはあるってことで・・・

エアパスカルがハナを切りそうで、そうなるとそれほど速くはならない
平均ペースでしょうか?
ブラックエンブレムの出方がハッキリしませんが、ハナにはこだわらず
番手の競馬か。
好位集団からはそれほど積極的に行く馬が見当たらないようで
淡々とした流れで終いの直線勝負になる可能性が高いように思います。

◎ 1 ムードインディゴ

前走の内容を高く評価。
ローズSの時にも言ったように、ダンス産駒は秋から本格化してきます。
中団の内々に付ければ、予想通りの展開になれば勝機は十分に有りです。
後は直線で上手く前が開くことを祈るのみです。

○ 6 レッドアゲート

距離は2000mがベストとみました。
オークスは距離が長かったのではないでしょうか。
一度叩いた効果が期待されそうで、好位からスーっと伸びてきそう。

▲ 17 レジネッタ

クイーンSからのローテが好印象です。
春よりもさらに成長しているのが見て取れる馬です。
素直に上位評価です。

△に4頭

5 エフティマイア・・・展開に左右されないのが強み。クラシックオール2着もあり得る。

9 マイネレーツェル・・・ローズSの勝ち馬にしては美味しい人気。

16 メイショウベルーガ・・・人気を落とした今回が穴党にとって絶好の狙い目。

18 オディール・・・大外でなかったらもっと評価の高い馬。安勝さんが不気味。







デイリー杯2歳ステークス予想
穴予想家にとって2歳戦の予想が難しいのは、データか少ないのは
もちろんのこと、展開を読むことが困難なことが一番の要因です。

特に私が予想する上で「展開」はかなり重要視するファクターなのです。

と、予想する前に泣きをいれておきます(^^;)

◎ 6 シェーンバルト

例によって、全く人気が読めません。人気になるかもしれませんが
この時点での各馬の能力を比較して、スピード・切れともに
評価の高いこの馬を本命に。

○ 5 トップカミング

スピードはやや劣る感じがしますが、切れる脚は十分持ち合わせています。
ひょっとしたら、この馬がハナに立つ?

▲ 10 ホッコータキオン

前走の内容は優秀。
ここでも上位の能力です。
ただし、瞬発力勝負になった時は微妙・・・

△に3頭

2 ワンカラット

3 トップオブピーコイ

9 キングスレガリア






京都大賞典予想
毎回、少頭数になってあまり魅力を感じないレースに
なりつつある京都大賞典。

穴予想しづらいレースです。
なので、簡単に印だけで失礼します(^^;)

◎ 10 マンハッタンスカイ

このレースでは穴党の行き着くところはこの馬でしょうか。

○ 5 トーホウアラン

切れ味、スピードともに高い馬です。

▲ 6 アドマイヤジュピタ

結局はこの馬をどう取捨するかが問題でしょう。

△に3頭

4 アルナスライン

1 ポップロック

3 アイポッパー



毎日王冠予想
こういった休養明け初戦に集まった有力馬は
穴党にとっては、カッコウの切る要素満載の馬です。

しかし、近代の競馬は調教施設は充実していて、休み明けの
ハンデはほとんど無くなったといってもいいかもです。

てな訳で、当然ウオッカは大人気になるでしょう。
しかし、別定戦でありながら、牡馬と同じ斤量を背負うウオッカ・・・
重賞騎乗の鞍上・・・

◎ フィールドベアー

実績では当然ウオッカなんでしょうけど、今の充実度からすれば
人気と照らし合わせてみてもこちらが魅力的。
タイム的にも遜色ないし、得意な距離でもありますし
絶対にハナを主張する馬も不在で、この馬にとって楽に好位を
とって十分持ち味を発揮できる展開になりそうです。

○ 7 オースミグラスワン

新潟での鬼脚を発揮しても、それほど人気にならない
この馬の悲しい性・・・
確かに、新潟と東京の直線は違いますが、能力があるのは
間違いの無いところ。
鞍上の出遅れが功を奏するかも(^^;)

▲ ウオッカ

不安な要素をまくし立てましたが、この馬は強いのは周知の事実。
ただし、マイルに特化してきていただけに距離はどうなの?ってのも
不安に感じる要素ではあります。

△に4頭

9 カンパニー

15 トーセンキャプテン

2 スーパーホーネット

13 ドリームパスポート

 
スプリンターズステークス予想
いよいよG1戦線のスタートです。
第一弾で一発大穴当てたいところですが
残念なことに、このスプリンターズSは堅めの傾向・・・

なんとしても、穴馬を探しだしたいところです。

◎ 12 タニノマティーニ

G1秋初戦から大胆に攻めます(^^;)
8歳馬で嫌われるのは明らかです。
しかし、8歳でピークになったとも考えられます。
ビービーやキンシャサに先着している実績もありますし
前走は直線不利がなければ結果は違っていたと思います。
今までは、内々で好走していたので、今回の外よりの枠は
確かに不安要素ではありますが、今の充実ぶりからすれば
十分好勝負できると読みます。

○ 13 ビービーガルダン

重賞でも十分勝負できる力があるのは証明済み。
瞬発力勝負ではやや劣るものの、スピードでは一枚上手。
すんなり好位につけることが出来れば、この馬の持ち味を
活かせるはずです。

▲ 7 カノヤザクラ

サマースプリントを取った勢いで一気にG1制覇もあり?
重賞連勝中なのはスリープレスナイトと同じですが
良馬場ならばこちらに分があるのでは。

△に4頭

14 スリープレスナイト

2 ファイングレイン

5 シンボリグラン

15 キンシャサノキセキ


札幌2歳ステークス予想
ほとんどの馬が一戦しかしていないメンバー(^^;)

これをどー予想しろと・・・・
と、愚痴りたくなりそうです。

北海道の馬が出走経験の多さから好走するケースもあり
力関係の見極めがポイントになりそう。

簡単に印だけで(^^;)

◎ 8 メイショウイエミツ

○ 7 エグゼキュティヴ

▲ 4 ロジユニヴァース

△に3頭

2 モエレエキスパート

3 アドマイヤサムライ

1 アグネスクイック



シリウスステークス予想
土曜日に2重賞あると予想する時間がないので辛いです(^^;)

ダート路線を盛り上げたいと思いつつも
なんか、ダート重賞はいつも同じメンバーな感じが・・・

この中でも芝路線からダートへきた、ドラゴンウェルズとダークメッセージ。
この2頭の走りは気になりますし、予想をする上でもどう評価するのかが
難しいところです。
また、ダートへ戻ってきたユキチャンも気になるところ。
ユキチャンが出走すると、人気を持っていってくれるので
ある意味ありがたいのですが・・・

◎ 7 マイネルテセウス

正直、人気がどうなるのか読みきれません。
展開的には平均ペースで流れ、差し勝負になりそうなメンバー構成。
切れ味に魅力があって、さらにスピードがあるこの馬を本命に。
ワンダースピードと同じようなタイプで、こちらのほうが人気ないなら
迷わず買いです。

○ 14 ワンダースピード

トップハンデ、休み明けで嫌われて欲しい。
展開は向きそうで、能力も上位。

▲ 12 プロヴィナージュ

切れ味では他の馬とも引けを取らないと高評価しています。
上昇度からいえば、メンバー中でも上位にランクされるのでは。
軽ハンデを生かして上手く先行できれば、面白い存在になりそう。

△に4頭

9 イイデケンシン

3 ダノンビクトリー

2 ドラゴンファイヤー

6 ダークメッセージ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。