Search for Dark Horse
穴馬を探し続けるBlog
Author:Durandal

広島から穴馬を探し続けてはや??年

Welcome to my blog. %Please enjoys.

人気薄の馬を的中させる感動を・・・

JRA 今週の重賞

Link

このブログをリンクに追加する

Information

Counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールカマー予想
オールカマーも比較的堅く収まるレースです。

東西両レースとも無理やり穴馬を探す予想になりそう(^^;)

中山巧者いや中山しか走らないマツリダゴッホの独壇場と
誰もが予想するレース。

てことは、マツリダこけたら何がきても美味しい結果に・・・

では、マツリダがいないものとして予想すると
(この時点でもう外してる感がありますが・・・(^^;))

◎ 14 アドマイヤタイトル

前と行くマツリダを捕らえるのは、中団好位から抜け出して
終いも良い脚を使える馬。
鞍上の力も手伝ってゴール前差しきるイメージで。

○ 7 マイネルキッツ

アドマイヤタイトルと同タイプのこの馬にもチャンス有り。
中団からアドマイヤと合わせるように並んでゴール強襲。

▲ 9 ミストラルクルーズ

以下同文・・・(おいおい)
タイプ的には好位差し。
後ろ過ぎると届かない可能性が高いので。

△に3頭

10 キングストレイル

6 エアシェイディ

11 マツリダゴッホ

マツリダを無印にするのは無謀すぎるので
隅っこにいれておきます(^^;)

 
スポンサーサイト
神戸新聞杯予想
まったくもって堅く収まるイメージのレース(^^;)

穴党は大人しく見るのが懸命なのかもしれませんが
なんとか人気がなくて勝つ可能性のある馬を探したいと思います。

なにがなんでもハナを主張する馬も見当たらず、有力どころは
後ろから行きたい馬が多い。
つまりスローな展開の直線勝負になる可能性が高い。

そう展開を予想した時に、穴をあける馬を探すと・・・
切れ味だけで勝負できる馬、反対に自分だけスローペースにならずに
逃げる、あるいは前目で競馬をする馬か・・・

◎ 6 スエズ

500万からいきなり重賞。
常識から考えると当然人気はありません。
しかし、この馬の末脚はかなり切れると高評価しています。
ただし、展開の助けがいるのも確かです。
スローペースで流れたとき、有力馬にとっても良い展開ではありますが
この馬も好勝負できる条件になるはずです。

○ 9 ナムラクレセント

スローな展開での切れ味ならこの馬にもチャンス有り。
1000万条件からここへは、人気になっているオウケンブルースリと同じ。
確かに、ブルースリの内容は良いですが、スローペースという条件が
加わると、人気ほど差はないと思います。

▲ 1 ディープスカイ

この馬を思い切って外そうかとも思いましたが(^^;)
条件は合いそうなので、やはり外せないでしょう。

△に4頭

11 スマイルジャック

5 フローテーション

12 オウケンブルースリ

10 ブラックシェル









 

  
 
セントライト記念予想
本番につながらないトライアルとして定着しているこのレース(^^;)

ローズSとは対照的にここから始動する春のクラシック上位組はほとんど皆無。
中山の中途半端な距離も多分に影響しているのか?

てことで、意外な馬が権利をとることも十分に有り得るレースです。

◎ 15 ノットアローン

あんまり意外な馬でないね(^^;)
ラジオNIKKEI好走から菊花賞制覇はソングオブウインドのイメージ。
ソングとは違って、前で競馬して自分から動ける点は好材料とみます。

○ 7 ダイバーシティ

切れる脚ならこのメンバーではトップクラス。
案外人気しているので、妙味なさそうですが展開は合いそう。

▲ 5 コンベンション

前走の内容は高評価。
前目で競馬できるのも良いし、切れる脚も使えるのは魅力。
穴をあけるとしたらこういうタイプの馬でしょうか。

△に4頭

16 マイネルチャールズ

17 クリスタルウイング

11 キングオブカルト

3 ネオスピリッツ









 

  

  

 


ローズステークス予想
昨年から1800mとなったローズS。

距離短縮となって夏の上昇馬の台頭が見られる可能性は
高くなったように思うのですが、昨年は抜けて強い馬がいたので
付け入る隙がありませんでした。しかし今回は・・・

人気はやはりクラシックで上位を賑わせた馬を中心になっていますが
昨年のような力の差はないのでは?


◎ 12 ダイワスピリット 

例年の傾向としては上がりの瞬発力勝負になることが多いレースですが
能力開花を期待してこの馬を本命に。
前走1000万条件勝ちで穴人気しそうなパターンですが、それほど人気
していません。
今まで、切れる脚を使ってないことや2走前の負け方や鞍上等々
嫌われる要素が多いのが要因でしょうか。
しかし、冷静に考えると能力的には劣っているとは思わないし
良血開花で持ち前のスピード能力で押し切る可能性も十分ありと判断します。

○ 10 ムードインディゴ

ダンス産駒のワンツーで決まりか?
この時期から本格化するダンスの血が気になります。
休養明けの馬よりもやはり一度叩いた馬を有力視します。
人気薄に乗り替わった牝馬の福永騎手はやってくれそう。
春は切れもスピードも「まぁ普通」といった印象でしたが
素質開花に期待したい。

▲ 11 レジネッタ

春のクラシック組のなかで夏使っているローテは好印象。
前走も力のあるところをみせ、フロックではないところを見せました。
この馬を切るのは無謀でしょう。

△に3頭

5 メイショウベルーガ

7 ブラックエンブレム

8 オディール



 












  
朝日チャレンジカップ予想
秋競馬の始まりを告げる朝日CCですが
いつも盛り上がりに欠ける感じが否めない。

少頭数になることが多く、明らかに叩き台のレースだからでしょうか?

てことは、逆の発想で実績馬はそんなに当てにならない?

こう都合よく解釈したくなるレースでもあります。


◎ 5 エリモハリアー

ここから始動する馬よりも夏を使ってきた馬を選択。
その中でも鞍上で人気になる馬よりもこちらに魅力を感じます。
函館専用馬のイメージが強いですが阪神実績もあり
勝つ可能性はあると思っています。

○ 12 キャプテンベガ

阪神は合っていると思いますし、クラス慣れして十分好走するはず。
切れ味勝負になっても負けないだけの能力はあると判断。

▲ 9 アドマイヤメイン

この馬も阪神は相性良さそう。
距離も2000mが一番あっているように感じます。
叩きであることは間違いないのでしょうが、それで人気を
落とすようなら積極的に狙いたいところ。

△に3頭

8 トーホウアラン

7 ドリームジャーニー

2 ニルヴァーナ





















 






セントウルステークス予想
阪神の開幕週も中山同様前がとまらない馬場なのか?

この変が予想に大きく影響するので判断がむずかしい予想です。


◎ 2 タニノマティーニ

先週の勝利は誰も信用していない状態?
まあ、8歳馬で突然あんなレースしたんで2度は無いだろうと
だれもが思う?
しかし、このメンバーの中に入っても遜色ない能力はありそう。
皆疑って人気ないなら、逆に狙いどころなのでは

○ 6 スピニングノアール

能力はあるのに、追い込み一辺倒なんでなかなか勝ちに恵まれない馬。
乗り替わりも吉と出そうで、後ろから来る馬の中では
一番魅力を感じます。

▲ 8 スズカフェニックス

久々ながら良い感じで調教をこなしてきたみたいで
切るまでの勇気はありません。
差し届かず3着のイメージで。

△に4頭

4 カノヤザクラ

16 シンボリグラン

9 コスモベル

5 クールシャローン














   
京成杯オータムハンデ予想
中山の土曜日のレース見てて感じたことは

典型的な前残り!

これは誰もが思ったこてではないでしょうか?

てことは、この京成杯AHはこの馬が俄然有力に

◎ 11 ゴスホークケン

穴党にとっても狙いごろ。
近走の内容でそろそろ人気が無くなるころ。
が、ここでやっはりG1馬は強かったでことで・・・
馬場も味方してくれそうですし、非凡なスピード能力を
如何なく発揮してくれそう。

○ 8 リザーブカード

トップハンデですが、全く気にする斤量差ではありません。
近走の内容や調教具合を加味しても有力なのは間違いの無いところ。

▲ 9 マイケルバローズ 

実は一番気になる馬。
前走の大敗や右回りの疑問などで人気にはなりそうに無い。
しかし、能力的にはこの中に入っても引けを取らないと思っていますし
好位での競馬が上手くできれば一発あるかも

△に3頭

6 クーヴェルチュール

1 ヤマニンエマイユ

2 トウショウヴォイス










エルムステークス予想
土・日・月と3日連チャン開催!
やってくれるねJRA。
と思いきや、いつもの3場2日開催を3日でやろうってだけじゃん。

調子こいて土日やってると、月曜日までもたない可能性も・・・
う~ん、土曜日の勝敗が生き残るポイントになりそうです。

エルムステークスといえば、大好きだった「ヒシアトラス」です。
ヒシアトラスの冥福を祈りつつ、このレースの予想をするのが
恒例になりつつあります。
アトラスが背中を押してくれるような結果を願いながら・・・

◎ 9 マコトスパルビエロ

もうそろそろ勝ってもいいでしょう。
以前より評価の高いこの馬ですが、なかなか勝ちきれない。
今回は最大のチャンスだと思っています。
ハイペースな展開で前が崩れるところをトウコンより前に位置している
この馬が差し切り先着するイメージで。

○ 1 メイショウトウコン

何故か札幌はよく走る。
大敗が続いて終わった感のあるところを一転して鬼脚復活しそう。
出走メンバーをみてもこの馬に合う展開になりそうです。

▲ 10 フェラーリピサ

前目の競馬で残りそうなのはこの馬。
近走の充実ぶりから大崩れはしないでしょう。

△に3頭

5 エアアドニス

8 ドラゴンファイヤー

7 トーセンブライト

 
小倉2歳ステークス予想
この時期の2歳馬を予想すること自体無茶な話(^^;)

距離適正や脚質等、固まっていないし
このレースで一変する馬もいるかもしれないし・・・

       ↑
新潟2歳ステークス予想の冒頭のコピペ(^^;)

ただし、新潟とは違って一頭強いのがいます。
この馬を負かす可能性のある馬に◎を打ちます。

◎ 7 メイクデュース

スピードでは確かにやや劣るところはありますが
瞬発力ではこの馬のほうが上だと評価しています。
番手の競馬で脚をためて、終い抜け出すのが理想。

○ 1 ツルマルジャパン

能力はこの中では一枚上でしょう。
スピードで押し切ってしまう可能性は高いかも。
ただ、最内枠が割引材料なのも確か。

▲ 13 ノアウイニング

この馬もスピード・切れともに持ち合わせている馬と判断しています。
連闘牝馬は案外狙い目。
新馬戦から、結構強い相手の2着で内容は悪くない。

△に3頭

6 ワンカラット

16 デグラーティア

3 クリノスレンダー



新潟2歳ステークス予想
この時期の2歳馬を予想すること自体無茶な話(^^;)

距離適正や脚質等、固まっていないし
このレースで一変する馬もいるかもしれないし・・・

そんな中で、唯一頼りになるのはスピード能力ぐらいでしょうか。
やはり、絶対的なスピードのある馬が有利なのは当然のことで
スピードで押し切る形になりやすいのも2歳戦の傾向。

◎ 12 スガノメダリスト

スピード能力が高いと私的評価。
前走、スピード能力が抜けているであろうツルマルジャパンと
そんなに遜色ない競馬をしていますし、距離で嫌われているのか
人気無さ過ぎ。おいしそうに映ります。

○ 1 ドリームゼニス

すーっと好位に付けるスピードは十分に持ち合わせています。
長く良い脚を使うタイプでしょうか。
平坦コースが得意そうで、この新潟や京都あたりで好走する馬なのでは。

▲ 15 ガンズオブナバロン

切れる脚ではこの馬でしょうか。
道中の位置取り次第で大きく結果が変わってきそう。
能力が高いのは確かなので捨て切れません。

△に3頭

13 ストロングガルーダ

8 セイウンワンダー

6 バンガロール



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。