Search for Dark Horse
穴馬を探し続けるBlog
Author:Durandal

広島から穴馬を探し続けてはや??年

Welcome to my blog. %Please enjoys.

人気薄の馬を的中させる感動を・・・

JRA 今週の重賞

Link

このブログをリンクに追加する

Information

Counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーンランドカップ予想
なんかハンデ戦の新潟記念よりも、こっちの別定戦のほうが
荒れる臭いがしてならないのは何故?

上位人気に推されている馬と人気の無い馬との能力的な差が
そんなに無いと思っているからでしょうか。

◎ 12 トウショウカレッジ

差し勝負となれば、この馬の能力はかなり高いと評価しています。
前走はキンシャサとは差のない2着なのに人気に差が付きすぎ。
これはおいしいと思うのは私だけ?

○ 1 キングストレイル

相性の良い札幌ですし、斤量も軽くなってプラス要因のほうが多い。
直線追い出しに戸惑うようなことがなければ、勝機は十分と判断。

▲ 9 マヤノツルギ

逃げ粘りがあるとすれば、ビービーよりもこちらに魅力を感じます。
前目で競馬をしながら、切れる脚も使える能力のある馬だと思っています。

△に4頭

2 キンシャサノキセキ

13 ビービーガルダン

3 シンボリグラン

14 プレミアムボックス





スポンサーサイト
新潟記念予想
上位人気の信頼度はけっこう高いのですが、上位人気同士での
決着はあまり無い、典型的なハンデ戦。

今回も、多頭数でのレースで紛れは十分にありそう。
おいしそうな穴馬がいそうです。

◎ 4 ミストラルクルーズ

前走は不利を受けた影響もあり8着でしたが、内容は悪くありません。
逆に、近走はかなり充実しているとみています。
2000mの距離もベストですし、時計がそんなに早くならなければ
勝機は十分に有りです。

○ 3 ダイシングロウ

前走、初重賞でも能力のあるところを見せたように
クラス慣れして、さらに良化しそう。
遅かれ早かれ重賞を勝つのは時間の問題でしょうか。

▲ 10 コスモプラチナ

ハンデの恩恵を受けて、一番好走しそうなのはこの馬でしょうか。
近走の内容は良いですし、昇級初戦でも勝負になるのでは。
牡馬と牝馬の違いや脚質の違いはありますが、
昨年のトウショウヴォイスのイメージで。

△に4頭

5 トウショウシロッコ

16 サンレイジャスパー

6 バトルバニヤン

11 アルコセニョーラ


札幌記念予想
昨年は馬インフルエンザの影響で開催が遅れた札幌記念。
なので、昨年のローテは参考にならず・・・・

昨年は休養明けにもかかわらず人気を背負ったマツリダゴッホ。
今回も同じようなパターンでお願いしたいのですが、どうでしょう?
同じように超久々のアドマイヤタイトルは素直に人気なし・・・
マツリダよりもアドマイヤタイトルのほうが気になるのは異常なのでしょうか(^^;)

この2頭はまったく対照的な馬だと思っています。
同じように先行型なのですが、マツリダは瞬発力勝負
一方、タイトルはスピードで押し切るタイプだと。

要は展開次第でどちらもあるよってことでしょうか。

◎ 3 フィールドベアー

あんだけ2頭のネタふりしといてフィールドベアーですか?
しかも、結構人気サイド。
穴馬◎の趣旨に多少反しますが、1番人気じゃないので勘弁してください(^^;)
軸にはもってこいの馬なんです。
平均以上のスピードと瞬発力を兼ね備えた馬で、さらに内枠は好材料。
先にあげた2頭よりも魅力を感じました。

○ 11 マンハッタンスカイ

ハイペースになればなるほど魅力的になる馬。
飛びぬけてスピード・瞬発力があるわけではないのですが
欠点もありません。
外枠で嫌われれば、なおさら勝負してみたくなります。

▲ 6 アドマイヤタイトル

大穴をあけるとしたらこの馬ではないでしょうか。
スピード能力は高いと評価しています。
久々が懸念されるところですが、セオリーで切っていたら
穴馬券は取れません。

△に3頭

5 タスカータソルテ

2 コンゴウリキシオー

4 マツリダゴッホ



北九州記念予想
どうも、今年になって荒れる定番のレースが堅く収まり
堅いと言われるレースが荒れているように感じるのは気のせい?

てことは、この北九州記念は堅く収まるのか!?

でも、雨降って馬場は荒れてるし1頭抜けてそうな馬がいるけど
あとはそんなに差のないメンバーだし・・・

◎ 2 マッチメイト

重馬場で差し・追い込み不発の可能性に賭けて。
思い切った逃げを打って欲しいこの馬に期待です。
小倉は得意ですし、距離もベストでしょう。
一発の可能性は十分に秘めていると思っています。

○ 16 マンテンハット

この馬もマッチメイトと同タイプ。
軽ハンデを活かした走りを期待できそう。
軽ハンデの人気薄の逃げ馬が残る可能性は有りとみます。

▲ 4 スリープレスナイト

正直なところ、この馬強いでしょう。
雨が降るとさらに良い条件になりそうで・・・
やっぱり堅いのか・・・

△に4頭

7 クールシャローン

3 スピニングノアール

8 キョウワロアリング

15 ステキシンスケクン







クイーンステークス予想
春のG1を賑わしていた馬達がここから始動で
休養明けの調子を見極めるのがポイントの一つになりそうです。
また、穴党の目からすれば名前で人気の怪しい馬もいそうです。

特にエフティマイアは休養前G1好走してますから、やっと人気が
でてきた感じですが、人気がでると裏切るタイプと勝手に判断。
人気薄でこその馬です。

G1馬のレジネッタは一度叩いてからでは・・・
いつでも人気のユキチャンはダートに新境地を見出していたにもかかわらず
出走できずにここへ・・・順調にはきていないのでは・・・

などと、切る要素を並べて自分を納得させといて・・・

◎ 11 アドマイヤスペース

好位をとれるスピード能力の高さはここに入っても見劣りしない。
4角先団に取り付いていることがこのレースを制する条件だと思います。

○ 12 デヴェロッペ

この馬が逃げるか?
人気薄の逃げ馬で横典は穴党なら抑えないといけないでしょう。
開幕週の札幌にはピッタリきそう。

▲ 8 レジネッタ

人気している馬の中では、やはりこの馬が一枚上でしょうか。
マイルから2000mがこの馬のベストでしょう。
100%の仕上げでなくても、地力で上位。

△に3頭

4 ヤマニンメルベイユ

13 ベストオブミー

14 メイショウベルーガ







関屋記念予想
やたら休養明けの馬が多いので、馬の状態がよく分からない難解なレース(^^;)

ただでさえ地味なローカル重賞なのに、過去の実績だけでオッズがついている
状態のような気がして、荒れる要素は満載でしょうか・・・
でも、昨年は休養明けを嫌ったカンパニーにしてやられたはずですが・・・

◎ 5 タマモサポート

瞬発力のある馬が人気になりがちな新潟ですが、
今回のこのメンバーでの展開は、淡々とした流れになりやすいと見て
前残りの可能性も十分ありと判断して、この馬を本命に。

○ 4 フサイチアウステル

前残りと判断するなら、この馬も上位の可能性は十分。
スピード能力に関しては、近走からも評価は高い。

▲ 12 マルカシェンク

昨年のカンパニー的存在。
大外一気の追い込みが決まるのか、ペース的には一歩届かずに
なる可能性もありそう。

△に3頭

2 トウショウヴォイス

1 マイケルバローズ

3 トップオブツヨシ


函館2歳ステークス予想
2歳戦は好きですが、予想するのは嫌いです(^^;)
だって分からないんですもの・・・

と、毎年2歳戦の予想の前には泣きを入れることにしています。

この時期の2歳重賞でポイントとしていることは、前走新馬勝ちから
ここへ来ている馬、つまりキャリア1戦の馬は疑う事。

今回のレースでは15頭中9頭がキャリア1戦です。
この中で人気している馬は危険です。

予想ファクターがあまり無いので、昨年のレースにイメージをダブらせて・・・


◎ 5 ベルシャルル

まだ脚質が定まっていないこの時期に展開を予想することは
不可能なのですが、前で競馬をするスピードと終いの切れもある馬だと
評価しています。
昨年のハートオブクィーンの幸四郎のイメージで。

○ 6 シシャモチャン

やはり気になるこの馬(^^;)
前走では「ネコ」パンチにつかまることなく、シシャモが逃げたレースでしたが
今回は追ってくるネコはいません。
昨年のジョイフルスマイルのイメージで、前走は前目の競馬で勝ちあがり
今回はあっといわせる切れ味発揮か。

▲ 10 メジロチャンプ

キャリア1戦の人気馬。
正しく、昨年のイイデケンシンのイメージで。
当日2番人気ならばさらに信憑性が高まるのですが・・・
直線良い脚をみせるが一歩届かず。

△に3頭

1 サダムテンジン・・・ラベンダー賞5着からのホウザンのイメージで

4 コパノマユチャン・・・ラベンダー賞惨敗で人気落としたアポロフェニックスのイメージで

7 ナムラミーティア・・・圧倒的な人気を集めたエイブルベガのイメージで




小倉記念予想
黙って1・2番人気を切りましょ~

これが小倉記念の予想の基本。
てゆうか、私の予想の基本かも(^^;)

ダイシングロウとドリジャを切るってことですが・・・・
ダイシングロウは近走の内容は充実していますが、昇級初戦がやや不安。
ドリジャについては、そろそろ走りごろで切るには勇気がいりそう。
このクラスになると地力の差があるかも・・・

◎ 7 ヴィータローザ

この時期は良く走るイメージのある馬。
昨年からの成長分はさすがに見込めませんが
昨年のメンバーよりも、今回のメンバーのほうが、展開的に
ハマリそうと判断しています。

○ 14 ミヤビランベリ

ハナをきるのはこの馬でしょうか。
外枠が微妙ですが、近走の内容は秀逸ですし、距離も2000mがベスト。
前に行った時の岩田騎手は良いイメージ。
逃げ粘りも十分あり得る。

▲ 12 ウィントリガー

大穴をあけそうなのはこの馬のような気がしてなりません。
切れる脚では古馬と比べても遜色ないと評価しています。
外の馬場の良い所を通って、大外強襲なイメージで。
軽ハンデを活かして、若い浜中くんの思い切った騎乗にも期待。

△に4頭

3 ドリームジャーニー

15 グロリアスウィーク

13 カネトシリベルテ

9 ケンブリッジレーザ




 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。