Search for Dark Horse
穴馬を探し続けるBlog
Author:Durandal

広島から穴馬を探し続けてはや??年

Welcome to my blog. %Please enjoys.

人気薄の馬を的中させる感動を・・・

JRA 今週の重賞

Link

このブログをリンクに追加する

Information

Counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館記念予想
この馬がいるばっかりに予想を難しくさせます(^^;)

エリモハリアー

この馬、どーしましょ?昨年の大失敗を繰り返したくないし・・・
でも、昨年とは状況が明らかに違うし・・・
でも、このレースだけは見違えるように激走してしまう謎の馬ですし・・・

結論・・・切ります

4連覇を期待したい気持ちは十分ありますが、背に腹は変えられません。
妙に穴人気してるところから昨年とは状況が違います。
それに、このレースにくるまでの臨戦過程が違います。
エリモハリアーより魅力のある馬がいます。

◎ 6 ミストラルクルーズ

その魅力のある馬は、ミストラルクルーズ!
あんまり説得力なさそう(^^;)
この馬も函館得意。距離適正もあり、叩き2走目の上積みが見込めるところ。
前走好走しててもあまり人気してないところ。
三浦くんの重賞初勝利はここではないかと・・・勝手に判断

○ 7 マヤノライジン

相性の良い巴賞勝ち馬。
なのにそんなに人気なし。
実績的にも良いし、近走の内容も良い。

▲ 8 ピサノパテック

函館の相性は良い馬。
スピード・切れともに、このメンバーの中に入れば上位。
前走の内容も評価して良い内容でした。

△に4頭

3 タスカータソルテ

11 フィールドベアー

1 ブレーヴハート

2 マンハッタンスカイ









スポンサーサイト
アイビスサマーダッシュ予想
新潟名物の直線1000m。
このコースの顕著な傾向として、何故か外枠が有利。
ラチを頼って走れるからなのかどうか分かりませんが、
ハッキリとした傾向が現れているのはたしか。
このレースのキーワードは、外枠・牝馬・軽量でしょうか。

てことで、外枠に入った軽量牝馬は人気になります。
今回これにあてはまるのは、カノヤザクラ。
春のG1戦線を賑わせてきたエイムアットビップ。
このあたりが人気の中心です。

ハッキリした傾向が出ているレースほど荒れたときの反動は大きいもので
この傾向に逆らって、人気の盲点になっている馬を狙ってこその穴党です。

◎ 16 サープラスシンガー

前述の傾向があるばっかりに、外枠なのにそんなに人気にならないパターン。
休養明けの実績は有りますし、先行逃げ切り勝ちもあるようにダッシュ力は
遜色ないはず。
一瞬の切れはありませんが、先行して粘る力はあるとみます。

○ 3 クーヴェルチュール

直線1000mの実績はありながら、内に入ったことと休養明けで嫌われている状況。
力はあるのに、人気になっていない馬は魅力的。
ただしムラのある馬なので、その点が心配。

▲ 6 アルーリングボイス

実はこの馬が一番気になっている馬かも。
瞬発力はどうしても要求される要素なので、出走メンバーの中では
切れ味では上位とみているこの馬は要注意。

△に4頭 

18 カノヤザクラ

13 ステキシンスケクン

14 レヴリ

8 エムオーウイナー







来週から3連単祭り
来週から期間限定で全レース3連単発売です。

3連単大好きな穴党の私には嬉しいかぎりなのですが・・・
JRAの餌食になってしまうのか・・・
どこまで銭を搾り取るのですか~JRA
って買わなきゃいいじゃんて声が聞こえてきますが・・・

今まで、午前中のレースで3連単があったらな~なんて
何回思ったことでしょう。
でも、いざ全レース3連単あるよって言われたら
躊躇してしまう、小市民なんです(^^;)

ほんとに、レースを選んで3連単を買わないといけませんね。

来週からが本当に楽しみです。
プロキオンステークス予想
先日のJDDを快勝したサクセスブロッケン。
ダービー大敗で負け癖ついてたらどうしようと思っていましたが
そんな心配は全くいらずの強い競馬でした。
JCDを目標にして来るはずで、今回のこのプロキオンS組と
対決することになるはずです。
ダート戦線も活気がでてきて、楽しみになってきました。

◎ 4 マイネルレーニア

純然たるダート馬ではないこの馬に勝たれるのは少々気になりますが、
前日段階でこの人気の無さは推さずにはいられません。
1400m限定の馬で、ダートも十分にこなせる馬体です。
ダートが嫌われてこの人気なら私は買います。

○ 11 ヴィンクルタテヤマ

近走の内容からは、この馬がとても魅力的。
クラス慣れしてくるころで、このメンバーの中に入っても
十分やれる能力は備わってきているはずです。

▲ 12 ワイルドワンダー

今のダート界を引っ張っている馬の一頭。
このぐらいの距離が一番合っているのではないでしょうか。
力上位なのは間違いのないところ。
JCDに出てくれば取捨に迷う馬になるでしょう。

△に3頭

2 シルクビッグタイム

7 サンライズバッカス

5 ラインドライブ


七夕賞予想
ローカルのG3のハンデ戦・・・・

本来なら荒れる要素満載でウハウハレースのはずですが
何故だか、そんな気が全くしない妙な前日。

キャプテンベガとツヨシオー買っとけばいいんじゃない?

内は荒れてるし、外を回って差してくる展開になるのは見えているから
この2頭にはもってこいの展開。
ハンデの恩恵を受けていそうな馬も残念ながら見当たらず。

と、本音の部分は置いといて・・・

◎ 2 ヴィータローザ

思い切った逃げをかまして欲しい願望でこの馬を本命に。
ほかの馬たちは荒れた内を嫌って大外ぶん回してくる中
一頭内々の経済コースで前残りが理想の流れ。
蛯名騎手の出遅れだけが心配か?

○ 12 カネトシツヨシオー

トップハンデですが、最速の上がりをマークして上位にはくるでしょう。
外を回ったぶんだけ一歩届かずのイメージで。

▲ 9 ミヤビランベリ

ヴィータローザ同様、思い切ったレースをしそうなこの馬に期待。
53kgの軽ハンデを活かしての逃げ切りの可能性はゼロではありません。
人気馬に乗る隼人に負けたくない意地もあるはず。

△に4頭

10 キャプテンベガ

8 グラスボンバー

3 トウショウヴォイス

4 ハッピートゥモロー




函館スプリントステークス予想
サマースプリントシリーズは牝馬が強い?
このレースの牝馬は・・・・
ウエスタンビーナスとルルパンブルーですか
う~~~ん、この2頭とも展開的に微妙に感じるんですけど・・・
今年も牝馬は強いのか?

◎ 2 スピニングノアール

近年は決して連続して好走しないこの馬を本命に!
言ってることが矛盾してますが、皆そう感じているのか、
前走重賞好走しているにもかかわらず、たいして人気なし・・・
こんな馬に触手が動いてしまうのは悪い癖(^^;)
まぁ、展開に左右されることが多い馬で安定感ないのですが
切れる脚は魅力的で、今回のレースも前走同様にハマル展開になると読みました。

○ 1 トウショウカレッジ

この馬もノアールと同じような感じの馬。
切れ味勝負のこの馬も今回のこのレースでは上位にみます。

▲ 14 タイセイアトム

この馬も非常に気になる一頭。
特に近走の内容は充実しているように感じます。
前で競馬をする展開になれば逃げ粘りも十分あると読みます。

△に4頭

6 キンシャサノキセキ

13 ミリオンウェーブ

11 プレミアムボックス

8 キングストレイル



ラジオNIKKEI賞予想
このレースで好走する馬は秋につながるハンデG3。
昨年はこのレースで勝ったロックドゥカンブが秋からの競馬で好走しました。
今回のメンバーから秋以降に活躍する馬が出てきて欲しいものです。

このレースの傾向としては、荒れ気味です。
春のG1参戦組とクラシックに間に合わなかった馬の対決で
力関係を計るのが難しいことと、コース適正やハンデ等々
レースを難解にする要素満載で人気も割れ気味になるのでしょう。

◎ 4 レオマイスター

福島得意で53kgはとても魅力的。
いや、福島得意というよりも都会の空気が性に合わないこの馬を本命に!
ここで伸び伸び弾けそう。←たいした根拠なし(^^;)
強い馬たちにもまれてきた事は無駄にはなっていないはず。
内枠は微妙ですが、ウチパクがなんとかしてくれるでしょう。

○ 14 キングオブカルト

内が荒れて外差しが効いてきそうな福島ですが
前で強い競馬が出来るこの馬も有力候補。
軽ハンデ・ローカル中舘・先行馬なら勝っといて損はなし・・・かな?

▲ 16 ダイバーシティ

一番条件にピッタリくるのはこの馬でしょうか。
軽ハンデで外枠に入ったのは好材料でしょう。
ただ、人気しすぎると考えてしまう微妙な感じも否めないところ。

△に4頭

7 スマートギア

8 ルールプロスパー

11 ノットアローン

2 アロマキャンドル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。