Search for Dark Horse
穴馬を探し続けるBlog
Author:Durandal

広島から穴馬を探し続けてはや??年

Welcome to my blog. %Please enjoys.

人気薄の馬を的中させる感動を・・・

JRA 今週の重賞

Link

このブログをリンクに追加する

Information

Counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念予想
前半戦の締めくくりであるこのレース。
これで秋までしばらくG1はありません。
なんとか良い結果で締めくくりたいところです。

傾向としては、荒れる時は典型的なヒモ穴決着。
基本的には堅いレースです(^^;)

人気はサムソンに集中するのでしょうか。
厩舎・鞍上ともに う~~~ん て感じがしてなりません。
馬場状態がこの馬を後押ししてくれるかどうかですが・・・

◎ 12 カンパニー

順調さを欠いたのが原因か、距離的なものか分かりませんが
人気無さ過ぎではないでしょうか。
宝塚記念を勝つイメージとして、「好位追走して直線差しきる」です。
後ろすぎては届かない、逃げ切るのも難しい。
近走と同じ内容の競馬をすれば、人気している馬よりも可能性を感じます。
完全にこの馬を手の内に入れている横典の騎乗にも期待です。

○ 11 アサクサキングス

この馬のベスト距離はこのあたりにあるのではと思っています。
逃げる馬の後ろにつけて、マイペースの追走。
切れ味勝負では分がありませんが、粘りきる力があるのはこの馬が有力。

▲ 4 アルナスライン

脚質を含めたレース運びはサムソンと被るところがあります。
なら、どっちを取るかといえば、迷わずこちらを取ります。
前走は斤量もあってか、イマイチにみえましたが、2走前の競馬が
この馬の実力と判断します。

△に4頭

2 メイショウサムソン

9 エイシンデピュティ

5 サクラメガワンダー

6 アドマイヤオーラ





スポンサーサイト
マーメイドステークス予想
春のG1戦線が終わって(まだ宝塚記念はありますが)
秋競馬までつまんね~な~っていう人が多々いますが
これからが、また楽しいのですよ。
G1のような派手なレースはありませんが、2歳新馬戦も始まりますし、まぎれのあるレースが多く
予想は難解ですが穴党にとっては楽しい夏競馬です。

今回のマーメイドSの注目はやはり、ベッラレイアでしょう。
叩き2走目で得意の2000mに戻ります。
トップハンデですが、軸にと考える人は多いでしょう。

◎ 4 ソリッドプラチナム

格上挑戦にはなりますが、タイム的には劣っていませんし
近走の内容も悪くありません。
ここのところマイル中心でしたが、昨年のこのレース3着の実績もありますし、
2000mはこなせる範囲です。
53kgを活かして一発ハマル可能性は十分にあると思っています。

○ 5 ベッラレイア

一つ抜けた存在なのは明らか。
秋山騎手のベッラレイアなら応援したくなります。

▲ 3 サンレイジャスパー

間隔が大きく開いていなければ、◎にしていたかも・・・
休み前の競馬の内容は優秀ですし、2000mはこの馬にはベストの距離。

△に3頭

11 ザレマ

7 ホウショウループ

12 レインダンス






 

 





CBC賞予想
前日オッズから見ても分かるように、人気割れ気味で
予想は難解な短距離ハンデ戦。

やはり、ある程度前につけれるスピード能力が求められるレースでしょうか。

◎ 11 ワイルドシャウト

スピード能力は高く、スッと好位につけられるはずで
持ち味は十分に発揮できるレースになると読みます。
近走の内容も優秀で、岩田騎手との相性も良い。

○ 15 テイエムアクション

芝替わりをどう判断するのかで、この馬の評価は変わってきます。
タイム的なことや、近走の内容からして上位にくる能力は
十分にあると判断しました。

▲ 2 スリープレスナイト

芝替わりで初距離と、不安な材料はありますが、
それを克服するだけの能力の高さはあるとみます。
ただ、人気になり過ぎると敬遠したくなるかも・・・

△に4頭

3 ウエスタンビーナス

17 ナカヤマパラダイス

1 タニノマティーニ

10 カノヤザクラ


エプソムカップ予想
重賞を大敗して、ここに来た馬か条件戦を勝ち上がってきた馬か

実績馬の能力・仕上がり状態と勢いのある昇り馬の実力を
見極めることが非常に重要なレース。

実績ではトーホウアランやイクスキューズ・ブライトトゥモローあたり
上昇馬ではヒカルオオゾラやファストロックあたりが注目されるところ。

◎ 15 カゼノコウテイ

どう考えても休み明けを敬遠されるであろう、この馬が魅力的。
スピード能力は優秀なものがあります。
前走までの内容は悪くないですし、距離短縮はプラス材料と判断。

○ 11 トーホウアラン

実績組からはこの馬がイチオシ。
実績はもちろんですが、大崩れしない安定感ある走りは魅力。

▲ 7 ヒカルオオゾラ

上昇度・勢いからすれば、この馬を切ることはできません。
鞍上が気になりますが、この馬の能力からすれば3着は十分あり得る。

△に4頭

8 ファストロック

2 ブライトトゥモロー

17 グラスボンバー

3 イクスキューズ


安田記念回顧
馬券のほうはサッパリでしたが、何故かそんなに悔しくない。

それは、ウオッカが勝ったから?!

ヴィクトリアマイルの予想ではバッサリ切ったウオッカ。

その回顧記事で反動が気になることを強調してきました。
前日予想では△評価でしたが、馬体重が戻っていたら評価は上がるなと・・・

強い競馬しましたね~
折り合いが鍵のこの馬を先行・好位であんな競馬をするとは、
岩田騎手なかなかやりますね~
それにひきかえT騎手は・・・
昨年と全く同じ競馬をして、同じ結果・・・

安田記念の予想はこちら。

1着 △ウオッカ
2着 無アルマダ
3着 △エイシンドーバー

4着 △エアシェイディ
5着 ○スズカフェニックス
8着 △スーパーホーネット
9着 ◎オーシャンエイプス

17着▲グッドババ

1着はウオッカ
馬体重増できまり。
やはりマイルがベストでしょうか。
ダイワメジャーと勝負して欲しかったな~
秋はダイワスカーレットとの再戦が楽しみになりました。

2着はアルマダ
グッドババは手前かえるのが下手なんだって~
レース終わってから知りました(^^;)マジですか・・・
こっち買っとけばよかった・・・と思うことはよくあるケース。
自分に見る目がなっかたという事。

3着はエイシンドーバー
この馬も内を通った経済コース。
昨年とほぼ同じ内容のレースをしましたが、コース取りで3着まできました。
なかなか人気にならない穴党好みの馬です。


◎としたオーシャンエイプスは直線おっと思わせるところもありましたが
すぐに他馬と同じ脚色に・・・
なんか評価しにくい走りでした。
しかし、このクラスの馬たちと何回かレースを経験すれば
スピードにも慣れて、G1タイトルを取れる馬だと信じています。

スズカについては、あまり触れないでおきましょう。
ねぇ、T騎手。

少し間が開きますが、残すは宝塚記念のみです。
馬にはあまり無理して欲しくはありませんが、豪華なメンバーになって欲しいと
思うのもファン心理。
最後は勝って春のG1シーズンを終えたいものです。



安田記念予想
土曜日のユニコーンSは、芝対ダートの対決でしたが
安田記念は外国馬対日本馬の対決といったところでしょうか。

ユニコーンSはダートを主戦にしてきた馬の勝利に終わりました。
てことは、日本を主戦にしている馬が勝利するのか?

外国馬では、グッドババが能力上位。
対する日本馬はスーパーホーネット・スズカフェニックス・ウオッカあたりが
有力なところ。


◎ 6 オーシャンエイプス

そんな世間の見方とは相反して、この馬を推します。
過去の実績を見ると、先に上げた馬たちに比べると劣っているのは一目瞭然。
しかし、現時点での能力差は大きくないと思っています。
タイム的にも遜色ないし、得意の東京で切れ味勝負でも負けないものがあります。
もともとG1級の素質馬です。初重賞制覇がG1でもおかしくありません。

○ 17 スズカフェニックス

外枠にはいったことが有利になりそう。
コース・距離ともに条件は合っているでしょう。
一度、京王杯を使ったことが吉とでるとみます。

▲ 7 グッドババ

外国馬では、この馬がやはり脅威でしょう。
世界的なレベルからみても、上位にランクしている馬ですから
昨年の安田記念のようなレースにはならないはず。
一年たってさらに開花しているのは実績から明らか。
ただし、ここまで連勝してきているので、そろそろ反動が気になります。

△に4頭

11 スーパーホーネット

5 ウオッカ

3 エイシンドーバー

14 エアシェイディ



ユニコーンステークス予想
芝組対ダート組の対決みたいな感じのする今回のユニコーンS。

ダート組ではやはりユビキタスが実績・能力で一歩リードしている感じ。
芝組ではドリームシグナルが実績では上位でしょうか。

力関係を比較するのが非常に難しく難解な予想です。
穴党の視点からすると、ダート変わりをどう評価するのかがポイントになりそうです。


◎ 15 ダイワマックワン

ダート変わり2戦目の上昇度をかって、この馬を本命に。
人気はユビキタスが持っていってくれそうなので、妙味ありそう。
間隔があいていることで嫌われるのなら、逆にリフレッシュ効果に
期待したくなります。

○ 7 シルクビッグタイム

この馬の人気具合を掴みかねていますが、初距離や休養明けで
嫌われるのなら、積極的に狙いたいところ。
距離延長はプラス材料だと思いますし、鞍上が岩田騎手に戻るのも
好感がもてます。

▲ 6ユビキタス

実績・能力ともにこのメンバーの中でも上位なのは間違いのないところ。
マイルはベストだと思いますし、近走の内容からしても大崩れしないでしょう。

△に4頭

5 アンダーカウンター

10 クリールパッション

3 タカラストーン

1 ナンヨーヒルトップ

芝組の重賞連対経験のある、ドリームシグナル・ロードアリエス2頭とも切りました。
ロードアリエスはダート実績もありますが、やはり距離が問題。
ドリームシグナルはダートは向かないと判断しました。
サクセスブロッケンの逆パターンで、初ダートで惨敗もありえる。







ダービー回顧
ディープスカイ強かったすね~
キングカメハメハほどでは無いとほざいておりましたが、変則2冠達成。
これで、名馬の仲間入りです。おめでとうございます。

未勝利を脱出するまでに6戦もかかった馬がこんなに強くなるとは。
競馬は奥が深いです。
しっかり休養をとって秋に備えて欲しいですね。
間違っても宝塚に出走なんてことして欲しくないです。

ダービーの予想はこんな感じでした。

1着 ▲ディープスカイ
2着 無スマイルジャック
3着 △ブラックシェル

5着 ◎レインボーペガサス
8着 ○フローテーション
11着△タケミカヅチ
17着△メイショウクオリア
18着△サクセスブロッケン

1着はディープスカイ
タイムは平凡でしたが、この馬は強い競馬をしました。
毎日杯の予想でも書いたように初めは相手なりに走る馬だと
思っていました。
しかし、その重賞初制覇してからは強さが際立ってきました。
この馬の強さは本物でした。

2着はスマイルジャック
穴馬はこの馬でしたか~(^^;)
ダービーと相性のよい、きさらぎ賞組からきたのはこの馬でした。
皐月賞の内容が、同じきさらぎ賞組のレインボーペガサスの方が
断然良くて、この馬を選択することが出来ませんでした。
血統的にはダービー向きだったんでしょうね。

3着はブラックシェル
距離にやや不安なところがあるとみて△どまりの評価でした。
使い詰めできていましたが、タフですね~この馬。
馬群のさばき方はさすがに武騎手という感じです。
秋はどの路線を行くのでしょうか?
さすがに菊は長い気がしますが・・・


◎としたレインボーペガサスは直線伸びきれず5着どまり。
道中掛かり気味だったのが響いた感じ。
それでも5着にきているのですから、力はあります。

○としたフローテーションは位置取りが後ろ過ぎた感じです。
この馬、もっと距離が伸びて良いのでは?
菊のほうが楽しみな馬でしょうか。
ひと夏を超えての成長が楽しみです。

ダート4連勝のサクセスブロッケンは18着と惨敗・・・
ユニコーンSへ進んでいれば未だに連勝街道を突き進んでいたかも・・・
でもダービー出走を責めるつもりはありません。
一生に一回のチャンスですし、出たくても出れない馬がほとんどなのですから。


予想のほうはどん底気味ですが、G1もあと残り2レース。
なんとか良い結果で終わりたいものです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。