Search for Dark Horse
穴馬を探し続けるBlog
Author:Durandal

広島から穴馬を探し続けてはや??年

Welcome to my blog. %Please enjoys.

人気薄の馬を的中させる感動を・・・

JRA 今週の重賞

Link

このブログをリンクに追加する

Information

Counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンタレスS回顧
華やかなG1の予想よりも、地味なダートのほうが予想は冴えているのか?

人間が地味だからか?う~~ん 痛いところをつかれた。

予想はこうでした。

1着 ○ワンダースピード
2着 △ドラゴンファイヤー
3着 ◎サンライズバッカス

4着 △フィフティーワナー
9着 ▲ゲイルバニアン
14着△メイショウトウコン

1着のワンダースピードは人気無さ過ぎでした。
私にはしめしめって感じでしたが・・・
不安材料は休養明けだけでしたが、関係ありませんでした。
この馬は調教はあまり動かない方なので、よけいに人気を
落としていたのかもしれません。
こんな馬を見つけるのが穴予想の楽しいところです。

2着のドラゴンファイヤーも本来力のある馬。
こちらは近走の不振があって人気していませんでした。
京都のダート中距離のブライアンズタイム産駒ですし、
チークピーシーズも何か変わるきっかけになりそうでした。
それだけが好走の原因ではないでしょうが、馬券の隅っこには
入れる価値のある馬と判断しました。

3着のサンライズバッカスも思ったよりも人気なし。
「G1ホースをなめるな」てなことを言ってしまいましたが
後ろから来た唯一の馬。
地力のあるところを見せました。

ほんとに、自分のひねくれた予想がピッタリはまった結果になりました。
こんなこともあるので、競馬はやめられませんね~(^^;)
めったにありませんが・・・

以上、回顧でした。
スポンサーサイト
福島牝馬S回顧
トウカイオスカーに浮気をしてしまったばっかりに・・・・

ごめんなさい、ハロースピード。
複雑な事情はこちらを参照してください。

福島牝馬ステークスの予想はこんなでした。

1着 無マイネカンナ
2着 △ハロースピード
3着 無ザレマ

6着 ◎トウカイオスカー
10着▲ダンスオールナイト
11着○ヴィクトリアアイ
12着△ニシノナースコール
13着△アルコセニョーラ

どのみちカンナを無視していたので取れてませんけどね(^^;)

1着のマイネカンナは調子がよかったんでしょうね。
淡々とした流れのなか楽に道中追走していました。
平坦小回りでは好勝負するでしょうね。

2着はハロースピードでした。
ほとんど差のない2着でこの馬も福島コースはよく走る。
重賞勝つのも時間の問題?

3着はザレマ。
出走馬の中では能力・実績ともに抜けた存在でした。
なら何で無印?
前走の内容はそんなに良く映らなかったので・・・
重箱の隅をつついて切る理由を見つけてました・・・

◎としたトウカイオスカーはよく走っていたと思います。
小回りコースよりも広い東京のほうが合っているかも。
次走叩き2走目に期待です。

以上、複雑な回顧でした。


アンタレスステークス予想
ただでさえ地味なダート戦なのに、東では華やかなオークストライアル。
さらにユキチャン人気もあって目は東京へ向きがちです(^^;)

もっとダートを盛り上げましょー\(^Ο^)/

世界はダート主流っすよ。
芝がダメなんでしょうがなくダートへ・・・
ダートは格下のイメージが見え隠れする日本の競馬。
馬にやさしいダート競馬にもっと光を~

◎ 13 サンライズバッカス

G1ホースをなめるなよっ!ぐらい人気ないですね~
コース実績の無さや、間隔があいているのが嫌われていたとしたら
逆に狙い目です。
このメンバーの中に入っても能力は上位だと思っています。

○ 15 ワンダースピード

この馬もやや間隔があいている馬です。
京都の相性は良いですし、この距離にも不安はありません。
直前の気配は要チェックですが、面白い存在です。

▲ 16 ゲイルバニヤン

スピードでは上の2頭には多少劣るところは否めませんが、
切れる脚はこちらが上と判断しました。
道中での位置取りがポイントになりそうですが、好位につけて
脚をうまく溜めれば勝機はあるとみます。

△に3頭

5 フィフティーワナー

11 ドラゴンファイヤー

2 メイショウトウコン




フローラステークス予想
このレースで好走した馬は、オークスでも良いレースをする。
そんな印象があるレースですが、昨年のベッラレイアは少し抜けた存在でしたが
今年は混戦模様。
白毛馬のユキチャンが色んな意味で人気をかっさらってくれていて
案外おいしい馬がいそうです。
もちろん、ユキチャンがここで3着以内に入ってオークスへ出走してもらいたい
という気持ちは競馬ファンなら誰でも思っているはずです。

心の中ではユキチャンを応援しつつ・・・・

◎ 16 カイゼリン

2000mの出走経験は必須だと思っています。
スピード能力は高いものがあるので、比較的楽に好位につけることが
できるはず。
ただ、エンジンのかかりが遅いように感じたので、長く良い脚を使って
くれることを期待しての◎です。

○ 11 ギュイエンヌ

2000m必須と言っておきながら、この馬を押します(^^;)
距離経験や切れ味でみるならレッドアゲートを選択したいところですが
切れる脚ならこの馬も引けをとらないし、距離云々で人気がないなら
こちらからいくのが穴党の王道。

▲ 8 レッドアゲート

東京コースの相性はまだ1度しか走っていないので判断できませんが
終い重点の競馬は合っているはず。
瞬発力では上位の能力があると思いますし、内田騎手との相性が
良いのも魅力です。

△に4頭

13 ユキチャン

4 カレイジャスミン

18 グラーフ

17 シングライクバード

福島牝馬ステークス予想
う~~ん・・・・
どこから、どう見ても「荒れる」しかでてこないですよ。
もう、そんな見方しかできなくなってしまった体質のせい?
いやいや、データ的にも荒れ傾向なのは間違いの無いところ。
ローカル最終日で馬場もいい加減荒れまくりで、牝馬の重賞とくれば
期待せずにはいられません。

逆に予想は超難解なんですけどね・・・・

◎ 13 トウカイオスカー

正直、どれが人気になるのか分かりません(^^;)
瞬発力があって、外枠に入ったこの馬を本命に。
一番展開が向いていそうで、能力を十分に発揮してくれそうとみました。

○ 14 ヴィクトリアアイ

外枠に入った良い脚を使える馬を上位に。
いきなりの重賞挑戦ですが、前走の内容は評価高い。
ここでも良い勝負できると判断しています。

▲ 8 ダンスオールナイト

切れる脚では他馬に引けを取らない能力の持ち主。
前走で重賞ではやっぱり足りないと思わせて
ここで爆発のシナリオで(^^;)

△に3頭

6 アルコセニョーラ

11 ハロースピード

12 ニシノナースコール


皐月賞回顧
個人的には全く盛り上がりにかける皐月賞でした(^^;)

スタートから道中半ばまで、注目していた馬たちがどーも後ろばっかり
いるな~と、この時点でいやな予感が・・・・
最後の直線では「さぁ、こっからじゃ~」と後方ばかり見ていたら
いつの間にか、先頭はゴール板を通過していました・・・

えっ?終わったのかよ~・・・・なんじゃそりゃ(^^;)

皐月賞の予想はこうでした。

1着 無キャプテントゥーレ
2着 無タケミカヅチ
3着 無マイネルチャールズ

7着 △ノットアローン
8着 ▲フサイチアソート
10着○サブジェクト
11着◎フローテーション
14着△ショウナンアルバ
15着△ドリームシグナル
16着△オリエンタルロック

なんか、書いてて情けなくなってきました(^^;)

1着のキャプテントゥーレは距離的に不安がありそうで切ってしまいました。
前に行けそうな馬は押さえるべきでした。
毎年毎年、同じような結果になっている皐月賞なのに、学習能力のない
自分が情けない・・・

2着のタケミカヅチは上手く内をついた柴田騎手の好騎乗が光りました。
道中も折り合いがついていました。
重賞好走していたにもかかわらず、それほど人気になっていなかったこの馬は
買いだったはず・・・無念

3着のマイネルチャールズに危険な臭いを感じていましたが
力はありますね。
中団でもまれて、仕掛けが遅れた感じです。

◎のフローテーションは全く見せ場なし・・・・
あの派手な容姿がすきなんですけどね~

負けた馬の中で気になったのは、レインボーペガサス。
この馬の走りは力強く感じました。
重めの馬場が得意なのもありますが、ダービーでも面白い存在になりそうです。

桜花賞に続いて全くかすりもせず・・・
相変わらずG1の予想は上手くいきませんね。
上位人気での決着で外れるなら、まだ少しは納得いきますが
荒れてて外れるのは、非常に悔しい。

来週こそは・・・
そうやって月日は流れていくのです・・・・

以上、イマイチな回顧でした。

マイラーズカップ回顧
完全に中山記念とマイラーズカップは繋がっている!
もうそう思うことにします(^^;)

マイラーズCの予想はこんなでした。

1着 ▲カンパニー
2着 ○ニシノマナムスメ
3着 △エイシンドーバー

4着 △ハイヤーゲーム
5着 △キングストレイル
9着 ◎オースミグラスワン

オースミグラスワンはおいといて・・・・

1着~5着まで掲示板に載った馬にすべて印つけてました\(^Ο^)/

1着のカンパニーは道中好位につけるようになって、いい競馬をするように
なりましたね。
横山騎手の馬の力を引き出す能力はさすがだと思います。
安田記念でもかなり良いレースをするのではないでしょうか。

2着のニシノマナムスメは予想通り良い脚を使ってくれました。
ただし本番での厳しい流れになった時どうか?ですが・・・

3着のエイシンドーバーもやはり力はありますね~
東京コースに変わる本番ではこちらのほうが適正ありそうな気がします。

9着に終わった◎オースミグラスワンですが・・・
上がり最速の33.8をマークしましたが、いつもの後方待機の
大外ぶんまわして追いつかず・・・
こういう展開に左右されやすい馬は難しい。
なので人気にもなりにくく、力がなくて負けているのではないので、次走以降も
力はあるのに人気にならないこの馬は要注目です。

安田記念には様々な路線から強い馬が集結してきます。
昨年ここで好走したコンゴウリキシオーが安田記念でも好走しました。
今年はどうなりますか?
このレースは本番を占う参考レースの一つにはなるはずです。


以上、回顧でした。



   
皐月賞予想
昨年のサンツェッペリンの激走から、もう一年たっちゃったんですね~
2歳の頃から追いかけてきた馬でしたので、周りの評判なんか関係なしに
全く人気の無いサンツェッペリンを買うことができました。

今年の出走馬の中にはサンツェッペリンほどではありませんが、2頭ほど
気にしてきた馬がいます。
2歳重賞の中でも重要視している札幌2歳Sの予想で重たい印をつけた
2頭オリエンタルロックとサブジェクトです。
しかし、人気ないね~この2頭(^^;)
当日の馬場状態はどうなんでしょうね~?
馬場が渋ればサブジェクトなんて相当面白そうなんですが・・・

◎ 17 フローテーション

もともとかなりの素質のある馬で評判の高かった馬。
前走の走りはかなり優秀で、素質開花の兆しが見えたように感じました。
展開にそれほど左右されなさそうな気性も高評価のひとつです。
2走前・3走前のぱっとしない走りの為か人気になっていないところも
穴党心をくすぐります。

○ 15 サブジェクト

今、旬のフジキセキ産駒!
気になっている馬は押さえておかないと、先週の桜花賞の二の舞になるので・・・
馬場が悪ければさらに評価があがるところですが、スピード能力は高いと
思っているので、最後まで押し切る力はあると判断しています。

▲ 3 フサイチアソート

未だに、東スポ杯はレベルが高かったと信じています(^^;)
距離に不安を感じている人が多いのか、前走大敗で人気を落としている
のは事実。
切れる脚はメンバー中上位なのは確かで、人気の盲点になっている今回が
一番の狙い目かも。

△に4頭

18 ショウナンアルバ

13 ドリームシグナル

14 ノットアローン

7 オリエンタルロック


どの馬も一長一短あって、難解なレースです。
その中でもマイネルチャールズはどうも危険な臭いがする・・・・・気のせいか??










 

 
マイラーズカップ予想
安田記念を占う、別定のマイル戦!
それほど荒れるイメージのないレースですが、今回のマイラーズCは?

カンパニーやエイシンドーバーの中山記念組が人気になりそうです。
確かに、中山記念からのローテで掲示板に載っている馬は信頼できるところが
あるようで、バッサリ切ることはできないでしょう。

◎ 2 オースミグラスワン

展開的には、逃げるのはコンゴウリキシオーぐらいしかいないでしょう。
積極的にいきたがる馬は多くなくて、ペースはあまり速くなりそうにないのでは。
瞬発力勝負になる可能性は高いと見て、この馬を押します。
カンパニーやドーバーと同じような脚質ではありますが、同じならこっちから
いくのが穴党の王道です。

○ 11 ニシノマナムスメ

理由はオースミとほとんど一緒。
能力でもそんなに劣っていない切れのある馬は魅力です。
人気がなければ、こちらから行きたくなります。

▲ 3 カンパニー

実績的にはやはり上位なのは間違いのないところ。
中山記念からのローテも好感がもてます。
展開も向きそうで大崩れはしないのでは。

△に3頭

6 エイシンドーバー

5 ハイアーゲーム

13 キングストレイル

ドリームジャーニーはマイルはベストだと個人的には思いますが
オッズ次第で考えてたいところ。基本的には切る方向で(^^;)




桜花賞回顧
くぅ~~~~~~~~・・・・・

これぞ競馬の醍醐味!
てか、荒れすぎでしょ~(^^;)

桜花賞の予想はこんなでした。
かすってもないです(^^;)
いや、かすってたらそれだけですごいですよ。

1着 無レジネッタ
2着 無エフティマイア
3着 無ソーマジック

5着 △リトルアマポーラ
6着 △マイネレーツェル
7着 ◎エイムアットビップ
8着 △トールポピー
10着○ブラックエンブレム
11着△ベストオブミー
12着▲オディール

1着レジネッタの関係者の皆様、一口持っていらっしゃる方々
おめでとうございます。
フィリーズR組が最後まで気になっていましたが、結果無印に・・・
前でも後ろでも堅実な競馬をする展開に左右されない馬ですね。
三冠を狙えるのはこの馬だけです。
注目はオークスですが、距離適正はどうなんでしょ?

2着のエフティマイア・・・・・
15番人気のこの馬を選択する可能性はあったので~す\(^Ο^)/
なら、なんで無印にすんの??あ~虚しい・・・
この馬、某POGで持ってる馬なんす。
2歳時にはかなりポイントかせいでくれた馬なんですけど、2歳時に稼いだ
賞金分がある為トライアルには積極的には出走してきませんでした。
トライアルで負けた馬・評価されていない馬に目がいきがちで、
自分のPOG馬でありながら、単なる早熟馬と思って無印に・・・
高松宮記念回顧でも触れていたように今年のG1は
フジキセキ産駒が要注意なんですかね~。

3着のソーマジックは、3連勝の勢いのまま良い競馬をしました。
トライアルで軽視されがちな、フィリーズRやアネモネSは今後
穴馬探しのポイントになりそう。

◎に押したエイムアットビップは直線半ばまで楽しませてくれました。
スピード能力の高さは見せてくれました、距離短縮で買いでしょうか。
短距離界のエースになれるかも。

人気が集中した3頭は・・・・
リトルアマポーラは上がり最速の34.3をマークしての5着。
オークスではさらに楽しみな存在になりそう。
トールポピーも距離伸びて良しって感じです。
しかし、オディールは・・・・どうしちゃったんでしょうね?
位置取りもそんなに悪くなかったように思いましたが、伸びを欠きました。


今年のクラシック戦線はいったいどうなるんでしょう?
来週は皐月賞。
牡馬戦線も牝馬同様に確固たる中心馬が存在していません。
こうなりゃ、とことん荒れましょー^^

以上 回顧でした。
桜花賞予想
いよいよクラシック第一弾桜花賞!

今年は牡馬・牝馬ともに抜けた存在の馬がいなく
混戦模様のクラシック戦線になりそうで、穴党にはもってこいの
レースが続きそう^^

この桜花賞は過去の傾向からも、以外にもガチガチの堅い決着に
なっていません。
桜花賞に限った事ではありませんが、前走人気を裏切って大敗し人気を落としている馬や
トライアル好走もそれほど評価されていない馬が狙い目になりそう。
伏兵馬にも十分チャンスはあるはずです。

◎ 3 エイムアットビップ

前走大敗で人気を落としている馬。
前走は熱発明けということもあましたし、度外視してもいいと思っています。
前残りの流れになる可能性は高いと読んで、展開的にもハマリそう。

○ 16 ブラックエンブレム

外枠・内枠の不利・有利は外回りコースができてからはそんなに考えなくても
良くなったように感じますが、前で競馬をしたいこの馬にはやはり
もう少し内枠が欲しかったところ。
ただ、スピード能力はかなり高いので、楽に前目につけれるでしょう。

▲ 5 オディール

道中どのあたりに落ち着くかがポイントになりそうです。
後方一気の馬ではないはずで、好位差しが基本の馬。
淡々とした流れになれば、この馬のいいところが出せる展開に。

△に4頭

9 リトルアマポーラ

10 トールポピー

4 マイネレーツェル

12 ベストオブミー


追記 

どうもフィリーズレビュー組の人気の無さがが気になってしょうがない・・・
これが前日にオッズが分かってしまう欠点です(^^;)









  
 
阪神牝馬ステークス予想
今回はニュージーランドTよりも、こちらのほうが荒れそうに感じています。

ヴィクトリアマイルの前哨戦ですが、1400mということもあって
紛れは十分にありそう、いや、あって欲しい!

◎ 2 キッスアンドライド

1000万条件を勝ったばかりでいきなりの重賞挑戦ですが、
この馬のスピード・瞬発力はかなり高いものがあるとみています。
当然人気はないはずで、気楽に乗ってるときの藤岡騎手は
馬の力を引き出しますよ。

○ 5 ヘイローフジ

切れではこの馬。
芝に変わって2戦目で能力開花の可能性も十分。

▲ 7 ブルーメンブラッド

スピードではやや劣るように感じますが、能力的には上位。

△に4頭

6 ジョリーダンス

3 エイジアンウインズ

13 パーフェクトジョイ

12 ローブデコルテ







ニュージーランドトロフィー予想
NHKマイルへのステップレースでありながら、大荒れ傾向のこのレース。
皐月の2000mでは長すぎると判断した馬たちと、遅くにデビューした馬
あるいは、勝ち上がりに時間がかかってしまった馬たちが
皐月は間に合わないが、NHKマイルからダービーへと目指す為にここで激突。

力関係がよく分からないことが多く、その為か人気も割れ気味で結果的に
「荒れる」傾向になるのでしょう。

人気になるであろう、ゴスホークケンは早々とマイル路線に向かうことを
決めて、ここから始動。中間の動きは上々のようで、休養明けも心配なさそうな気配。
今回はなかなか穴馬を見つけ出すのが難しそう。

◎ 1 スペシャルブレイド

切れる脚が非常に魅力。
位置取りも前目につけて、好位から直線差す競馬ができれば
十分に上位人気の馬たちに対抗できるだけの力は発揮できそう。

○ 3 ダンツキッスイ

この馬も前で競馬がしたいはず。
スピード能力の高さは他馬をかなり凌ぐのではと評価しています。
前残りがあるとすれば、この馬の可能性が高いように感じます。

▲ 13 ゴスホークケン

能力の高さは実証済み。
休み明けをどう判断するかがこの馬のポイント。
調教は動いていたようですが・・・

△に3頭

12 ダノンゴーゴー

7 アサクサダンディ

8 ロードバリオス

  





日曜日回顧
ダイワスカーレットは強いな~と再認識。

大阪杯の予想はこちらでした。

1着 △ダイワスカーレット
2着 ◎エイシンデピュティ
3着 △アサクサキングス

6着 ○メイショウサムソン
8着 △アドマイヤメイン
10着▲サンライズマックス

1着のダイワスカーレットのスピードは他馬とは次元の違うところで
競馬をしているようです。
逃げようと思ってハナに立っているわけではなくて、普通に折り合って
いるだけなのにスピードの違いからか、先頭に立ってしまっているって感じ。
なので終いのスピードも落ちないわけです・・・

2着のエイシンデピュティは人気無さ過ぎでした。
シメシメって思いましたが、岩田騎手の騎乗もさすがといった感じ。
2000mまではこなせますが、適距離はやはり1800mあたりでしょう。
春天に出てくるようなことになれば、切る要素満載の馬になりそう。

3着のアサクサキングスはさすがG1馬といった印象。
体重大幅増は成長分なのでしょうか。
この世代の牡馬はレベルが低い云々言われましたが、力はありますね。
本番でも楽しみな一頭です。

メイショウサムソンは???
これで人気を落とせば本番は買いですか・・・

結果はエイシンデピュティの頑張りで的中!
馬連も案外つきましたね~


ダービー卿CTの予想はこちらでした。

あいかわらずこのレース穴馬多すぎっ

1着 無サイレントプライド
2着 無ドラゴンウェルズ
3着 無ダンスフォーウィン

4着 △リザーブカード
7着 ▲オーシャンエイプス
8着 △マルカシェンク
10着△ナスノストローク
12着○シンボリグラン
14着◎ピンクカメオ
15着△チョウサン

このていたらく・・・(^^;)
3着に最低人気のダンスフォーウィンがきて3連単で100万馬券・・・
やはりこのレースと東風Sの相性はいいのか~
にしてもピンクカメオは負けすぎ。
道中、下げたのか下がってしまったのか分かりませんが全く見せ場なし。

1着のサイレントプライドは横山騎手の好騎乗がひかりました。
見事なペース配分でした。
2着のドラゴンウェルズは1400~1600の重賞で過去に好走しているだけに
来ても不思議ではないということでしょうか。

結果は~ズタボロ(TT)
ここまで読みがはずれると逆に気持ちいい~(ヤケじゃ)

以上回顧でした。

大阪杯予想
ダービー卿とは打って変わって、カチカチレース(^^;)
少頭数になることが多く、波乱の流れになることはあまり無く
実力通りの結果になる可能性が高いレース。
そんな中、人気馬を打ち負かす穴馬を見つけるのは無謀かも・・・

◎ 8 エイシンデピュティ

能力的には遜色ないと見ていますが、やはり距離が問題でしょう。
世間一般の見方もそう考えているのか、人気無し。
正しく実力あるのに人気の無い馬。
鞍上の力も加味して一発の可能性はあるとみます。

○ 7 メイショウサムソン

ダイワとともに休養明けですが、こちらを選びます。
有馬の時のようにはならないはずで、鞍上も考えて騎乗するはずです。
あくまでも本番を見据えてのレースでしょうが、ダイワには負けたくないはず。

▲ 3 サンライズマックス

人気馬に目を奪われがちですが、この馬のスピード・瞬発力ともに
能力は高いと評価しています。
ダイワスカーレットやサムソンの直後に取り付いて、仕掛けるタイミング
を間違わなければ勝つだけの力はあると思います。

△に3頭  

9 ダイワスカーレット

10 アドマイヤメイン

6 アサクサキングス

ダービー卿CT予想
このレースは大好きなレースの一つ!
もともとマイルのレースが好きなのですが、このダービー卿CTは
堅く収まる事のほうが少ないレースで穴党にはたまりません。
ハンデ戦に移行してからは、さらに拍車をかけるように大荒れ傾向に。

以前は、行った行ったの前残りが多かったのですが、
近年は高速馬場の影響もあって時計は速く、差し馬の台頭も目だって
きています。
馬場状態を考慮することもこのレースの予想をする上で重要な要素の一つ
でしょう。

◎ 2 ピンクカメオ

良い条件が揃ったように思います。
叩き2走目の上積みが見込め、内田騎手に戻ることもプラスです。
内枠に入ったことも好材料。
それに加えてピンクカメオからは
ラブレターもらってますし(^^;)

○ 9 シンボリグラン

近走の着順から人気は無さそうなこの馬も狙いの一頭。
前走はまともに競馬をしていませんし、中山の相性は抜群です。
もともと素質のある馬ですし、ここで目覚める可能性も十分。

▲ 11 オーシャンエイプス

瞬発力ではこの馬が抜けているように感じます。
やや間隔があいて状態面が気になるところですが、
速い流れで差し馬台頭はこの馬かも・・・

△に4頭

13 マルカシェンク

1 リザーブカード

3 ナスノストローク

7 チョウサン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。