Search for Dark Horse
穴馬を探し続けるBlog
Author:Durandal

広島から穴馬を探し続けてはや??年

Welcome to my blog. %Please enjoys.

人気薄の馬を的中させる感動を・・・

JRA 今週の重賞

Link

このブログをリンクに追加する

Information

Counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーステークス予想
ダイワスカーレットは回避してしまいましたが、個人的にはダートへ出走してほしくなかったので、楽しみにしていた人には悪いですがホッとしています。
芝で元気に復帰してもらいたいですね。

フェブラリーSの傾向としては、人気サイドでの決着が続いているようで、穴党には厳しそう。
ヴァーミリアンに人気が集中しそうですが、順調さを欠いている点で付け入る隙があるのではと都合よく解釈したい。


東京11R
フェブラリーステークス(GI)


◎ 5 クワイエットデイ

「差して届かず」のイメージが強い馬で、前走差して届いちゃったのは、私的には予定外(^^;)
前走差して届かず、今回差して届くシナリオが・・・
しかし、前走重賞勝利でもっと人気してくると思ったのですが評価低すぎ。
この時期には特に強さを発揮する馬なので、この人気のままなら絶好の狙い目。


○ 9 メイショウトウコン

クワイエットデイと同じく平安S組から。
前走届かず、今回届くのはこっちの馬か?
この馬の切れ味はG1級だと思うのですが、問題は輸送のみ。


▲ 15 ヴァーミリアン

先にも述べたように、順調でないのは確か。
マイルはやや短いような気がします。
ここでもあっさり勝つようなら、ドバイは非常に楽しみになります。

△に4頭

4 フィールドルージュ

16 ワイルドワンダー

10 ブルーコンコルド

7 ドラゴンファイヤー
スポンサーサイト
きさらぎ賞予想
いよいよクラシックを目指すレースが本格的に行われてくる時期になりました。
G1本番も楽しみですが、こういったステップレースも色んな意味で楽しみです。

今週は、きさらぎ賞。
このレースは、1番人気は成績不振ながらも上位人気決着が多く、穴党には厳しいレースです。
しかし、今年の3歳牡馬は抜けた馬はまだ見当たらず混戦状態なので、思わぬ伏兵馬の勝利もあるかも・・・

京都11R
きさらぎ賞(GIII)


◎ 12 スマイルジャック

牡馬クラシック戦線をますますややこしくする為に、この馬に勝って貰いたい(^^;)
なかなか勝ちきれないですが、今まで強いところと戦ってきていて、力のあるところは見せています。
中山よりも東京や京都のようなコースが合っている感じがしますし、今年2戦目で結果が出ても不思議ではないでしょう。


○ 2 ブラックシェル

安勝さんがいない間に豊君がこの馬をいただきか?(^^;)
素直に考えれば、一つ抜けた存在でしょうか。
前走の切れ味を発揮できると上位にくる可能性は大。
位置取りが後ろ過ぎて届かないケースだけが怖いところ。


▲ 10 ヤマニンキングリー

堅実には走りますが、重賞には少し足りないイメージ。
誰もがそう思ってくれると、おいしい馬になれる可能性も十分。
距離延長も良いと思いますし、展開的にも合いそうで、以外にも好条件がそろったように感じています。


△に3頭

11 レッツゴーキリシマ

5 メイショウクオリア

3 オースミマーシャル
ダイヤモンドステークス予想
このダイヤモンドSは超難解レースの一つです。
条件戦からの馬でも、ハンデに恵まれて好走するケースも多く、実績のある馬が順当な結果を残せない、典型的な「ハンデ戦」
どの馬が勝ってもおかしくないレースです。


東京11R
ダイヤモンドステークス(GIII)


◎ 11 マンハッタンスカイ

万葉Sとの相性が良いレース。
その万葉S経由組の中でもこの馬が一番このレースにはまりそう。
距離適正はもちろんですが、53kgは魅力。


○ 12 エフティイカロス

条件戦からここへの馬の中では、一番注目している馬。
前走負けてハンデ53kgで走れるのは好材料。


▲ 9 エイシンダードマン

この馬もハンデ53kgは恵まれている感じ。
菊4着と良いレースもしていて実績は劣りません。
面白い存在になりそう。


△に4頭

8 アドマイヤモナーク

4 トウカイワイルド

14 テイエムプリキュア

7 ラムタラプリンス

共同通信杯予想
比較的堅い決着になることが多いレース。
穴党にはお呼びでないレースの一つです(^^;)

ここは素直に重賞連対経験のある馬を中心視するのが無難なところ。
さらに条件を加えるとすれば、距離短縮組・瞬発力のある馬が狙いどころでしょうか。

東京11R
共同通信杯(GIII)


◎ 10 サダムイダテン

ラジオNIKKEIからのローテは好相性。
京都よりも東京が合っていそうで、この馬の能力を十分に発揮できる条件はそろっているように感じます。


○ 1 タケミカヅチ

コース的には東京は合っているはず。
仕掛けどころが難しい馬ですが、乗り替わりで持ち味を引き出してくれることを願います。


▲ 8 イイデケンシン

ダートで良績をあげているように、力のいる馬場なら上位争いは十分可能と評価。
重い芝の函館での実績でも明らかで、馬場が渋れば面白い存在になるはず。

△に4頭

15 サブジェクト

12 スマートファルコン

13 ノットアローン

14 レオマイスター

シルクロードステークス予想
東の共同通信杯とは打って変わって、ハンデ戦になってからは荒れ傾向なこのレース。
穴党には大歓迎のレースの一つです(^^)

淀短組の相性のいいレースで、叩き2走・3走目の馬が狙い目でしょうか。
軽ハンデの馬の見極めも重要な要素です。

京都11R
シルクロードステークス(GIII)



◎ 1 ファイングレイン

前走と同じようなレースができれば、勝つチャンスは十分あるとみます。
内々の経済コースを通って、直線はじけるイメージで。


○ 2 アグネスラズベリ

牝馬の中ではマーチャンよりもこの馬に魅力を感じます。
上位に来る牝馬の重要な条件として、重賞実績のある馬だと思うので、この馬にも十分に上位にくる可能性はあると思っています。
近走はG1・G2で大敗していて「実力はあるのに人気のない馬」になってくれればいいのですが・・・


▲ 13 コパノフウジン

ダートを2回使って、再び芝替わり。
こんな馬があっといわせる馬になることは以外に多い。
1年以上連対していませんが、変わり身があっても不思議ではないのでは・・・

△に4頭

16 テイエムアクション

4 クールシャローン

10 プリンセスルシータ

12 アストンマーチャン
小倉大賞典予想
この小倉大賞典は人気が割れることで荒れる典型的なハンデ戦。
基本は前で競馬をする馬ですが、人気面を考えると一度マイルを経由している馬や、着順はどうあれ今年に入って一度は使っている馬を中心にしたいところ。

小倉11R
小倉大賞典(GIII)


◎ 16 フィールドベアー

中団から好位で競馬ができれば今回非常に魅力を感じる存在。
古都S好走馬は私的には要注目です。


○ 4 マルカシェンク

人気になるでしょうが、やはり上位の可能性は高そう。
この馬にピッタリはまりそうなレースです。


▲ 1 ニルヴァーナ

イメージがなんとなくマルカシェンクとダブるこの馬。
マルカシェンクを買うならこの馬も買い。
平坦小回りはこの馬には合っているはず。
一気に重賞ウィナーになる可能性も。

△に4頭

12 マイネルフォーグ

2 ロジック

7 ピカレスクコート

11 ディアデラノビア
根岸ステークス予想
先週の平安Sに続いて今週もフェブラリーSへのステップレースとなる根岸S!
なかなかの好メンバーがそろったという印象で昨年のような、あっと驚くビッググラスのような馬が現れるのか非常に楽しみです。


東京11R
根岸ステークス(GIII)


◎ 11 レオエンペラー

昨年のビッググラスのような存在になるとしたらこの馬か。
地味な存在で誰も気づかなそうなところが、よけいに引かれます。
ダート戦績もなかなかいいものがあるし、加えてジャンポケ産駒はダート走るイメージ。
東京コースもなにげに良いし、騎手も江田でこれぞ穴という感じ。


○ 4 ワイルドワンダー

普通に考えれば、この馬が一番有力なのは明らか。
展開的にも合っていそうで、スピードで押し切ってしまう可能性も十分。


▲ 7 マイネルスケルツィ

左回りがカギのこの馬。
能力は高いのに左回りはサッパリ。
しかし、これが能力は高いのに人気の無い馬となることを望んで・・・

△に4頭

16 タイセイアトム

6 トーセンブライト

13 シンボリグラン

3 トウショウギア
京都牝馬ステークス予想
ヴィクトリアマイルのステップとなるこのレース。
この時期の牝馬限定重賞は1番人気の連対率はそれほど高くない。
波乱となることを期待して・・・


京都11R
京都牝馬ステークス(GIII)


◎ 10 ランペイア

ややハイペースぎみに展開して直線勝負になる可能性が高いと読みます。
瞬発力では、上位人気馬にも引けを取らないと評価しているこの馬の一発にかけてみます。


○ 1 ソリッドプラチナム

今でも京都マイルが一番合っていると思っている馬。
ここ近走はずっとマイル路線を使ってきて、そろそろ大きいところを勝つ雰囲気があるように感じます。(自分だけ?)


▲ 3 アドマイヤキッス

能力的に上位なのは確か。
牝馬相手なら好勝負必至。

△に3頭

14 ブルーメンブラッド

4 ローブデコルテ

9 カタマチボタン
東京新聞杯予想
東京開幕週の重賞といえば東京新聞杯!
開幕週でありながら、差しも届く掴み所のない馬場が予想をさらに難しくします。

基本はやはり切れ味のある馬だと思います。

東京11R
東京新聞杯(GIII)


◎ 13 カネトシツヨシオー

速い上がりは必須条件。
前走、金杯からのローテも好相性で、内容も悪くない3着。
本格化の兆し。
ここを制覇して、今年中にはG1もとるかも・・・


○ 10 ジョリーダンス

コース適正は抜群です。
同コースで上がり32秒台の脚も使っています。
鞍上強化も魅力です。


▲ 3 ピンクカメオ

関東圏でのレースなら面白い存在になるのでは?
人気なければ積極的に狙ってみたい馬です。

△に4頭

5 カンパニー

8 エイシンデピュティ

16 サイレントプライド

4 マイケルバローズ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。