Search for Dark Horse
穴馬を探し続けるBlog
Author:Durandal

広島から穴馬を探し続けてはや??年

Welcome to my blog. %Please enjoys.

人気薄の馬を的中させる感動を・・・

JRA 今週の重賞

Link

このブログをリンクに追加する

Information

Counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞(秋)予想
実力馬勢ぞろいの天皇賞!

案の定、4強ムードが漂う状況のようです。
4強の実力は誰もが認めるところですが、休み明けはどうなの?道悪はどうなの?
各馬それぞれ割引要素は持ち合わせているのでは?
当日の馬場状態が気になるところです。

東京11R
天皇賞(秋)(GI)


◎ 10 ブライトトゥモロー

ここにきて、ようやく本格化した感のあるこの馬を本命に!
ハイペースになりにくい東京コースで、前走と同じような位置取りならば、勝機はあるとみます。
血統的にも道悪は苦にしないはずですし、切れる脚を十分に発揮してくれる展開になるのでは・・・


○ 5 ローゼンクロイツ

このメンバーの中でも決して能力が劣っているとは思いません。
春先にくらべてさらに身が入ってきた印象です。
一つ気になるのは、東での競馬の実績がないこと。

輸送を克服してくれることが絶対条件です。
当日の気配には要注意です。


▲ 12 アドマイヤムーン

芝・中距離では世界一といってもいいくらいの馬だと思っています。
道悪も大丈夫でしょうし、死角があるとすれば休み明けの部分だけでしょうか。

△に4頭

14 ダイワメジャー

6 カンパニー

1 メイショウサムソン

15 ポップロック

スポンサーサイト
スワンステークス予想
過去4年連続して二桁人気の馬が勝つという大荒れなレース。
スプリンターズS組が人気になりますが、結果は伴なっていない印象。
はたして今年は・・・

京都11R
スワンステークス(GII)


◎ 13 ドラゴンウェルズ

いきなりのG2挑戦ですが、近走の勝ち方は秀逸。
十分にこのクラスでもやっていける内容で走っていると思います。
ここは、たしかに相手関係は強くなりますが、鞍上の力もプラスされて勝機はあるとみます。


○ 4 ジョリーダンス

マーチャン・スイープに比べると、同じ牝馬の中では妙味有り。
休養明けが懸念材料ではありますが、能力的には負けていないはず。


▲ 1 マイネルスケルツィ

京都・1400mが一番合っていそうな馬。
思い切ってハナを切れば、面白い存在になるはずです。

△に4頭

12 スーパーホーネット

10 ブラックバースピン

6 アストンマーチャン

8 キングストレイル
武蔵野ステークス予想
出走メンバーをみると、比較的前へ行きたがる馬が多いような感じがしますが、道中は淡々とよどみのない流れになる可能性が高い展開になると読みます。

東京11R
武蔵野ステークス(GIII)


◎ 3 トーセンブライト

結局は最後の決め手勝負になりそうで、展開・切れ味を加味すると、この馬が一番魅力を感じます。


○ 10 ワイルドワンダー

特に不安要素が見当たりません。
素直に考えれば、この馬が一番強いのかも・・・


▲ 6 エイシンロンバート

一発あるとしたら、この馬でしょうか。
先行力・スピードは抜けた力を持っていると評価しています。展開が鍵を握りそう。

△に4頭  

8 ロングプライド

4 イブロン

5 フィールドルージュ

11 シーキングザベスト

菊花賞予想
いよいよクラシック最後のレース、菊花賞です。

この菊花賞は春のクラシックに比べて、さらに一層難解なレースです。
昨年はサムソンの3冠のかかったレースで注目を集めてくれた馬がいて穴馬を探しやすかったのですが、今年は・・・

春のクラシック戦線を戦ってきた馬達がどれくらい成長しているのか?また、夏に台頭してきた昇り馬との力関係は?etc 考えるファクターが多く頭を悩ませます。
こんな時は、もう自分の好きな馬から行くのが一番です(^^;)

京都11R
第68回菊花賞(GI)


◎ 9 サンツェッペリン

2歳の頃からずっと追いかけてきた馬です。最後まで見届けないと気がすみません。
世間の評価は、やはり厳しいものが多いように感じますが、可能性はゼロではありません。
前走の負けは、明らかに叩き良化タイプなので全く気にしていません。

距離が不安?いやいや、一番身近に接してきた松岡騎手が「菊が一番向いている」の言葉を信じて大丈夫。
血統的にもう底が見えたのでは?いやいや、血統の常識を超えたこの馬には関係なし。
輸送が心配?・・・・・・・・・大丈夫!(^^;)

だんだん、この馬が勝つイメージがわいてきましたか?

最後のポイントは、やはり展開。
上がりの速い競馬になれば切れる脚がないので勝ち目はないでしょう。
せめて、上がり35秒台なら十分勝機はあるはずです。


○ 16 ドリームジャーニー

イメージは昨年のドリームパスポート。
瞬発力ではトップクラスなのは間違いないところで、大外一気に追い上げるも一歩届かず、となりそうな・・・


▲ 10 アサクサキングス

イメージは昨年のアドマイヤメイン。
昨年のような大逃げはありませんが、ゴール前、ドリームジャーニーには捕まりそうな・・・

△に4頭

4 ロックドゥカンブ

12 アルナスライン

18 ヴィクトリー

3 ブルーマーテル

デイリー杯2S(GII)
このデイリー杯について、私が勝手に抱いているイメージは、このレースを好走した馬は大きいところは勝てないが、重賞レースの常連で勝ちきれない馬になる。
ズバリ、ファストタテヤマやグレートジャーニー的馬に育っていく傾向にあるような・・・気のせい?

京都11R
デイリー杯2歳ステークス(GII)


◎ 4 マイネルフェスタ

正直、人気がどのくらいになるのか全く分かりませんが、前走すごく良い内容に写りました。
スッと好位につけるスピードと最後も良い脚を使えます。
未勝利を勝ったばかりですが、2歳馬としては完成された感があるように思います。
ここに入っても好勝負できるだけの力はあるとみます。


○ 7 シャランジュ

「3歳春までのテンビー産駒」が定着しつつある?
この馬も前走の内容が良かった一頭。
今回も後方一気の競馬になるのでしょうが、前走よりも直線は短くなりますが京都外回りなら勝機はあるとみます。


▲ 3 インステップキック

もしかしてこの馬が単騎でいけるかも。
気持ちよく前で競馬をすれば残る可能性もありそう。
福永騎手はこのレースの相性も良さそうで、面白い存在になりそうです。

△に4頭

10 マルブツイースター

2 オースミマーシャル

6 マリエンベルク

5 キャプテントゥーレ
富士ステークス予想
菊花賞も混戦模様ですが、こちらも同様に混戦で難解なレースです。
今年で10回目。
マイル戦になってからは過去7年しかデータのないレースです。

ここからマイルCSへ直結する馬が出てくるのでしょうか。なかなか興味深いレースになりそうです。

東京11R
第10回サウジアラビアロイヤルカップ
富士ステークス(GIII)



◎ 18 シンボリグラン

昨年からマイル路線の中心になって欲しいと思っている馬ですが、なかなか勝ちきれない状況が続いています。
東京・外枠は微妙ですが、軸になり得るだけの能力の高さはあるとみています。
マイルCSを目指す為にもここは勝っておきたいところです。


○ 10 ピカレスクコート

東京実績がないのは多少気になるところですが、1600mはベスト距離ですし、展開的にもスローになる可能性は高いので、能力を十分に発揮できるとみています。


▲ 7 エアシェイディ

この馬にとっても展開は向きそう。
能力の高さは実証済みですし、まだまだ衰えるのは早いと思います。

△に4頭

14 トウショウボイス

11 スウィフトカレント

2 グラスボンバー

16 ローレルゲレイロ
秋華賞予想
牝馬クラシック最後のレース、秋華賞です!

今年の3歳牝馬のレベルの高さは、今まで色んなレースが行われてきて実証されています。
その中の最強3歳牝馬を決めるレースである秋華賞は今からワクワク、見るだけでも楽しめるレースになるでしょう。
前評判通り3頭が抜けた存在となっています。
確かに1・2・3番人気で決着する可能性は高いと思いますが、つけいる隙は本当にないの?

京都11R
秋華賞(GI)


ここでダイワ・ウオッカ・ベッラレイアのどれかに◎を打つようでは、当ブログの穴予想担当としての立場がなくなる(^^;)

◎ 5 ラブカーナ

一番可能性のある馬はこの馬でしょう。
安定感のある走りをするし、2000mはベストの距離。
切れる脚はベッラレイアにも劣らないぐらいの評価をしています。
この馬の良さがでる早いペースになってくれることを祈ります。


○ 17 レインダンス

もう一頭の刺客はこの馬。
春に比べると明らかに成長しているのが見て取れます。
外枠に入ったことは有利に働きそうですし、展開の助けは必要ですが、外差しを決めてくれる可能性もあるとみています。
昨年の菊のソングのように・・・


▲ 11 ベッラレイア

3強の中ではこの馬を一番手に押します。
オークスで良い競馬をした馬の相性の良いレースですし、瞬発力ではやはりトップクラスなのは間違いのないところ。
問題はやはりペースです・・・

△に3頭

13 ダイワスカーレット

18 ローブデコルテ

16 ウオッカ
府中牝馬ステークス予想
今週は東西ともに牝馬の重賞。
東では古馬牝馬によるG3府中牝馬Sです。

先週のチョウサンがレコード勝ちした同じ舞台で行われるレースです。
人気も割れていますし、思わぬ伏兵の登場があるのでしょうか?
こちらも興味深いレースです。

東京11R
府中牝馬ステークス(GIII)


◎ 8 デアリングハート

近走の走りで人気を落とすなら<狙い。
東京・1800m・55kgと好条件は揃っています。
好枠引いたと思うし、連覇達成は十分あるとみています。


○ 1 アドマイヤキッス

能力的には一番かなと思いますが、内枠は割引要素。
ただし、鞍上強化で連候補は間違いのないところ。


▲ 5 ヤマニンメルベイユ

一発あるとしたらこの馬をあげます。
好枠から思い切った騎乗が出来るはずで、番手追走から直線伸びれば面白い存在です。

△に4頭

15 アサヒライジング

7 ディアデラノビア

12 ユキノマーメイド

2 ヤマニンアラバスタ
毎日王冠予想
この時期のレースで頭を悩ませるのが、休養明けの馬をどう評価するかです。
中でも、有力視されるダイワメジャーとコンゴウリキシオーをどうみるか、また叩き2走・3走目の馬との力関係をどうみるのかがポイントです。

東京11R
毎日王冠(GII)


◎ 9 トップガンジョー

前走は久々のレースでかかりまくっての大敗は度外視。
叩き2走目での好走に期待。
1800mはベストだと思いますし、かかって行きたがるようなペースにはならないと思うので、人気の落ちている今回は狙い目と判断します。



○ 8 アグネスアーク

後ろ過ぎず、前過ぎない好位から強烈な脚で見事に差しが決まりそうなのはこの馬。
東京1800の実績に加え、夏場を使われてきているのも好材料。



▲ 1 ダイワメジャー

既に完成された馬で、上積みという期待はありません。
その点で昨年とは状況が違うように感じます。
調教は良かったようですが、やはり目標は次。
力があるのは周知事実なので、ここは3着まで。


△に4頭

3 ブライトトゥモロー

12 コンゴウリキシオー

11 エリモハリアー

6 エイシンデピュティ

京都大賞典予想
スイープトウショウにトウカイカムカムが出なくなり、10頭立のレースになりました。
狙いをつけていた2頭がいなくなって、ちょっと拍子抜け・・・
今回のメンバーは実力上位と下位の差がはっきりしたレースになりそうです。

京都11R
京都大賞典(GII)


◎ 1 トウショウナイト

積極的に前に行く馬が不在で、案外この馬がハナを切る可能性もあるかも。
内々の経済コースをいって、持ち前のスピードを生かして押し切る可能性十分とみます。


○ 3 ポップロック

◎とは差の無い○印です。
実績・実力的にはこの馬が一番だと思います。
ただ、展開的に後方からの競馬では一歩届かずのイメージ。


▲ 2 デルタブルース

距離と斤量で嫌われているのか、実力はあるのに人気無い状態。

主導権を握れる展開にもなりそうですし、ここは頭で狙っても面白い存在です。

△に3頭

6 インティライミ

9 ファストタテヤマ

7 ダンスアジョイ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。