Search for Dark Horse
穴馬を探し続けるBlog
Author:Durandal

広島から穴馬を探し続けてはや??年

Welcome to my blog. %Please enjoys.

人気薄の馬を的中させる感動を・・・

JRA 今週の重賞

Link

このブログをリンクに追加する

Information

Counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリンターズステークス予想
今週からいよいよG1戦線の開幕です!

第一弾は、短距離王決定戦スプリンターズSです。

しかし、デュランダルが引退して以来、短距離路線での中心的存在の馬が不在で、今回のレースも抜けた馬が見当たらない難しいレースになりそうです。

中山11R
スプリンターズステークス(GI)


◎ 16 キングストレイル

唯一1200mの経験のないこの馬を本命に。
大外枠にはいったことで、もっと人気が下がると思いましたが、微妙な人気(^^;)
確かに大外は不利で、この馬の脚質的にも良い枠とはいい難いが、逆の発想で内を見ながら道中もまれずに追走できる点はプラスに働いてくれると解釈したい。

ここにきてかなり充実してきていますし最後の直線勝負でも十分勝機はあるとみます。


○ 6 サンアディユ

前走の勝ち方は見事。
完全に本格化した感じに見て取れました。
ただ、G1の厳しい流れに対応できるか鞍上の力が重要になる点が唯一の不安要素です。


▲ 13 メイショウボーラー

昨年の2着馬。
長期休養明けや陣営の弱気コメント等で人気していません。
私的には絶好の狙い馬です。
中山1200mはベストパフォーマンスを見せることが出来る舞台のはずですから。

△に4頭

10 コイウタ

14 クーヴェルチュール

15 スズカフェニックス

11 ペールギュント
スポンサーサイト
シリウスステークス予想
距離が2000mになってJCDを目指す馬たちが集まってくる面白いレースになりそう。

阪神11R
シリウスステークス(GIII)


◎ 3 ドラゴンファイヤー

ここは人気になるかもですが、この馬を本命に。
53kgは恵まれすぎの感がありますし、展開的にも
合いそうです。


○ 9 タガノゲルニカ

この馬も展開的に合っていそうで、良い競馬が出来そう。


▲ 12 アロンダイト

やはり長期休養明けは割引。
JCDへの叩きなのは間違いのないところだと思うし、5.6分n程度の仕上げのような気がします。

△に3頭  

4 ツムジカゼ

8 ラッキーブレイク

1 ワンダースピード
札幌2歳ステークス予想
2歳重賞の中でも、このレースは来年のクラシックを占う重要な位置づけのレースです。
ここで好成績を収める馬は、クラシック戦線を賑わす馬になるはずです。

札幌11R
札幌2歳ステークス(GIII)


◎ 7 オリエンタルロック

良馬場が絶対条件なマンハッタンカフェ産駒。

鞍上乗り替りで、この馬にとってはプラスの条件が重なりそう。
重い芝の1800mを使ってきてすべて好走してきていますし、センスある競馬内容は評価できます。


○ 10 サブジェクト

抜けた人気になりそうですが、新馬戦の内容を見る限り素質の高いのは間違いのないところ。
ぶっちぎるか、凡走のどちらかになりそう?


▲ 12 ウィントリガー

OPを経験している馬が3頭いますが、切れる脚の使えるこの馬を高く評価します。

△に3頭

2 ネオスピリッツ

9 ヤマカツオーキッド

4 カレイジャスミン
神戸新聞杯予想
先週のローズSに続いて、距離が変更になった神戸新聞杯。
ただ、ローズSは距離変更に疑問でしたが、この神戸新聞杯については納得できます。

菊へ向かって、毎年有力馬が多く出てくるレースなのに、2000mではステップレースとしてはどうかな?と思っていましたので、2400mに延長するのは私的には大賛成です。

阪神11R
神戸新聞杯(GII)


◎ 8 ホクトスルタン

春に強い競馬をしていた馬が人気になりますが、穴党としては休養明けは割引として夏に使ってきた力のあるこの馬を本命に。
折り合い面等々いろいろ課題はあるようですが、スピード・瞬発力を兼ね備えた能力の高い馬と評価しています。


○ 14 ドリームジャーニー

休み明けの中からはこの馬を一番手に。
ダービーでも、ウオッカに次ぐ上がり3F33.1と切れる脚はこのメンバーの中でも上位。
鞍上も強化され、プラス要因も多い。


▲ 6 マイネルキーロフ

前走・前々走と前目での強い競馬が好印象。
相手は強化しますが、展開次第では面白い存在です。
2400mの距離が鍵でしょうか・・・

△に4頭

12 フサイチホウオー

9 ヴィクトリー

15 ヒラボクロイヤル

1 タスカータソルテ
オールカマー予想
まさか、このオールカマーでサンツェッペリンについて予想するとは思ってもいませんでした。

順調にいっていれば、セントライト記念を使って菊へ向かうはずでしたが、馬インフルエンザの影響で入厩が遅れたため、ここから秋始動になってしまいました。

前日オッズで2番人気に推されています。
デビューから春にかけては地味な血統も手伝って、まったくと言っていいほど見向きもされなかった馬が、今では重賞で上位人気になるぐらいまで評価されるようになった事が、非常に嬉しく思います。

ただ、穴党の私にとっては、妙味がなくなってしまうのは残念で、複雑な思いもしています。
自分勝手な希望ですが、ここでは凡走で本番で人気を落として大駆けするというシナリオがベストですが・・・はたして

中山11R
産経賞オールカマー(GII)


◎ 1 ネヴァブション

同コースでの日経賞の印象が強く残っています。
日経賞のような流れから、ゴール前差し切るイメージ。
距離も2200~2500あたりがベストでしょうし、休み明けでも上位争いする実力は十分とみます。


○ 13 ダイイチアトム

前走4着でも内容は良かったと評価しています。
十分重賞でもやっていける能力はあると判断しました。
夏使ってきた馬の中では一番気になる一頭です。


▲ 9 サンツェッペリン

前述したように、希望は掲示板に載るか載らないかぐらいになってくれるのがベスト・・・
でも馬券は買うだろうから、印的には▲に

△に4頭

4 タマモサポート

2 ダークメッセージ

6 マツリダゴッホ

15 エリモハリアー

エルムステークス予想
ダート重賞になると思い出してしまう馬がいます。
昨年のこのレースの勝馬、大好きな馬の一頭だった「ヒシアトラス」のことです。

知っている方は多いと思いますが、彼はもうこの世にはいません。
血管肉腫という、現在のところ有効な治療法のない病気にかかり、2006年12月6日にこの世を去りました。

ダート路線の中心的存在になる馬で、G1にもあと少しで手が届くところまできた矢先に、このニュースを聞いて大きなショックと深い悲しみを受けたことを思い出します。
もっともっとダート競馬にもスポットを当てて欲しいと願ってやみません。
そんな「ヒシアトラス」の冥福を祈りながら、エルムステークスの予想です。

札幌11R
エルムステークス(GIII)


◎ 11ドンクール

昨年のアトラスのように、先団に取り付いて4角から一気に抜け出す競馬がこの馬には出来るはずです。
小回り・先行力・折り合いを考慮すると本命はこの馬で。


○ 7マコトスパルビエロ 

3歳馬には相性の良くないレースですが、既に前走で古馬相手に強い競馬をしていますし、展開次第では逆転もあるかも。
前で競馬できるのも魅力です。


▲ 8メイショウトウコン

前走から間隔があいているのが唯一の不安材料か。
実績では上位で、G3では普通に勝ち負けする能力はあるでしょう。

△に4頭

10 イブロン

4 ハスフェル

1 ロングプライド

2 オリンピアンナイト

ローズステークス予想
いつのまにか1800mになってるローズS。
なぜ?
秋華賞へのステップなんだし、本番と同じ距離の2000mでいいじゃない・・・と思うのは私だけでしょうか?

阪神11R
ローズステークス(GII)


今回のローズSは、なかなか興味深いメンバーが集まって楽しめそうなレースになりそうです。
人気的には、ダイワスカーレットとベッラレイアの2強ムードですが、2頭ともに休養明け、他の有力馬も同様で、それをどう評価して見極めるかがポイントになりそうです。

◎ 12サプライズユー

G1実績馬が休み明けにコケるのはよくあるパターン。
2頭が強いのは百も承知ですが、ここは夏を使ってきた上昇馬に期待したいところ。
先行力・スピードでは能力上位とみていますし、最後まで押し切れる可能性はあるとみています。
前走条件戦快勝のSS系で一発の魅力十分です。


○ 1ベッラレイア

ダイワよりこの馬のほうが仕上がりが良さそう。
展開的にも合っていそうで、切れ味勝負になれば分がありそう。


▲ 13キクカラブリイ

末脚勝負では、この馬も負けていません。
直線勝負にかける馬は一発の魅力ありです。

△に3頭

5 ダイワスカーレット

7 レインダンス

4 ハロースピード
セントライト記念予想
菊花賞へのステップとなるレースですが、本番へはなかなか繋がらないレースという印象。
昨年のトーセンシャナオーしかり、一昨年のキングストレイルしかりです。

2200mというのが微妙で、ベスト距離が2000m前後の人気のない馬が穴をあけるケースが多いように思います。

中山11R
セントライト記念(GII)


◎ 12クランエンブレム

菊は無理っぽいが、ここは良い感じなこの馬。
能力的にも他馬には負けていないし、最後の直線で良い脚を見せてくれそうです。


○ 1ゴールデンダリア

このメンバーでは能力は上位でしょうか。
ただ、位置取りが後ろ過ぎて一歩届かずというイメージが頭よぎります。
善臣さんの腕にかかっています。


▲ 6アップルサイダー

コース実績がないのは少々不安ですが、夏を使ってきた馬の中では評価の高い馬です。
展開も合いそうで、上位に食い込む可能性十分有りとみます。

△に4頭

7 ロックドゥカンブ

5 メイショウレガーロ

4 エフティイカロス

10 ナンヨーへブン

セントウルステークス予想
サマースプリントの最終戦であり、スプリンターズステークスへ向かうレースでもあります。

短距離大好きな私にとって、かつてのデュランダルのような馬が出てきてくれないかなぁ~と願う今日この頃です。

阪神11R
セントウルステークス(GII)


◎ 9 スピニングノアール

どのレースに出てきても、何故か気になるこの馬。
さらに人気が下がった今回は絶好の狙いです。
鞍上の安勝さんの本気度がかなり高いようで、期待せずにはいられません。
なぜか差す競馬も決まっている開幕週の阪神では能力発揮するチャンスありです。


○ 16 アグネスラズベリ

中一週は少々気にはなりますが、先行有利一辺倒ではない今の阪神では勝機十分。
外枠に入ったことで人気が落ちてくれればと密かに願っております。
1200mがすっかり板についてきた感じです。


▲ 4 サンアディユ

先行勢から魅力を感じるのは、この馬です。
サマースプリント逆転のかかるこのレースで、陣営の意気込みも相当でしょう。

△に4頭

11キンシャサノキセキ

14メイショウトッパー

10キョウワロアリング

3アルーリングボイス
朝日チャレンジカップ予想
今週から、中山・阪神の開幕です。
この朝日CCで夏競馬が終わり、秋競馬が始まったかぁ~と毎年思います。

10頭立と寂しいメンバーとなってしまった今回の朝日CC。
馬インフルエンザの影響をもろに受けた重賞です。
関西馬限定?関西旗手限定?と思いたくなるメンバー構成です。

阪神11R
朝日チャレンジカップ(GIII)


◎ 7 インティライミ

この手薄なメンバーでしかも56kg。
ここで勝たなくては何時勝つの?てぐらい能力では上位。


○ 2 タマモサポート

いい枠引きました。
開幕週の前残りで勝機十分。
この馬の能力は十分に発揮できる条件はそろっているように思います。


▲ 5 トウカイカムカム

長期休養明けで、人気にならなければ面白い存在になるかも。
1年以上の休養明けで確かに買いにくいが、この馬の能力・阪神2000mの適正など考慮して8分の仕上げでも馬券に絡む可能性はあるかも・・・

△に2頭

9 ゴールデンメイン

3 コスモプラチナ
新潟2歳ステークス予想
日曜日新潟メインは、新潟2歳ステークスG3芝1600m
正直、2歳戦は苦手です(^^;)
なので、あまり説得力のない予想になりますが、あしからず。

展開も読みにくい2歳戦ですが、2歳戦にありがちな前へ前へのハイペースとなると読んで、直線での叩き合いになるとみます。

新潟11R
新潟2歳ステークスG3


◎ 13メイショウヨリトモ

展開が向きそうで、人気のない馬を本命に。
切れる脚はもちろんですが、スピードもあって好位につけての競馬ができるので、良いレースが出来そう。


○ 4エイシンパンサー

瞬発力はトップクラスとみています。
スムーズに流れれば楽勝もあるかも・・・


▲ 10エフティマイア

前走のマリーゴールド賞のレベル云々言われていますが、大崩しない馬のような気がします。
強いところと当たっていないので本気で走っていないのかも。

△に4頭

1 タケショウオージ

11 ダイワマックワン

9 サマーエタニティ

16 アドマイヤフォース
小倉2歳ステークス予想
日曜日小倉メインは小倉2歳ステークスG3芝1200m
新潟と同様に、2歳戦は苦手です(^^;)
だって、検討するにはデータが少なすぎますもん・・・
と、予防線をはっておきます(^^;)

新馬戦を逃げて勝った馬をどう評価するか頭を悩ませます。

小倉11R
小倉2歳ステークス


◎ 8ミリオンウェーブ

この馬の新馬戦の内容が一番良かったような気がします。
良い勝負根性があり、差す競馬で、より能力を発揮できそう。


○ 10マイネレーツェル

実績では上位。
2歳戦全力投球のマイネル軍団で、夏は牝馬ということで。


▲ 9アグネスクリスタル

外枠に入ったのは好材料。
良い脚も使えるし、外差し決まるかも。

△に3頭

2 コウユーココロコロ

12 シルクストレングス

3 マルブツイースター
札幌記念予想
日曜日札幌メインは、札幌記念G2芝2000m
開催が延期になっていた札幌記念です。
近年、相性が良いクイーンS組が例年なら連闘となるところが間隔があきました。
どんな影響がでるのでしょうか?

逆にディアチャンスは、連闘で回避予定でしたが、開催がずれたおかげで、今回出走してきました。
なんだか気になる一頭です。

札幌11R
札幌記念(GII)


◎ 10マチカネオーラ

メンバー的にそんなに早くなりそうにない展開で、スピード能力が鍵となりそうです。
スピード能力ではマツリダゴッホが抜けているような気はしますが、スピードに加えて瞬発力もあるこの馬を中心に。
人気はなさそうですし、私が狙いたくなる要素を沢山含んだ馬です。


○ 4ディアチャンス

このめぐり合わせは、この馬の勝利を予感させます。
切れる脚はメンバー中、上位なのは確か。


▲ 13マツリダゴッホ

総合的にみると、この馬の実力は上位。
展開も向きそうで、やはり馬券からは外せない存在。

△に4頭

1 フサイチパンドラ

15 サイレントプライド

9 サクラメガワンダー

8 アグネスアーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。