Search for Dark Horse
穴馬を探し続けるBlog
Author:Durandal

広島から穴馬を探し続けてはや??年

Welcome to my blog. %Please enjoys.

人気薄の馬を的中させる感動を・・・

JRA 今週の重賞

Link

このブログをリンクに追加する

Information

Counter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小倉記念予想
日曜日小倉メインは、
   小倉記念G3芝2000m

小倉10R
農林水産省賞典
小倉記念(GIII)



ハンデ戦ではありますが、ハンデの恩恵を受けた馬がくるというイメージのないレースです。

ズバリ
小倉記念のイメージは「外枠の差し馬」です!

◎ 12ソリッドプラチナム

大外に入った時点で本命決定というぐらいの、私の小倉記念のイメージにピッタリの馬。
内の荒れた、時計のかかる馬場で外差しが鮮やかに決まってくれそうです。

○ 10ヴィータローザ

相手選びには相当悩みましたが、ヴィータローザを押します。
冬場よりも体が絞れる夏場のほうが良い印象。
12頭立てでそんなにもまれる事もないし、スムーズな競馬が出来そう。実績上位の実力は十分に発揮してくれそうです。

▲ 1ニホンピロキース

アラタマかこの馬がハナを切る展開でしょう。
距離はやや微妙ですが、マイペースの逃げがうてるでしょうし、仮に番手の競馬になっても、この馬の持ち味は十分に発揮できる展開になると見ます。

△に4頭

5 スウィフトカレント

8 メイショウカイドウ

3 ニルヴァーナ

7 タガノデンジャラス
スポンサーサイト
函館記念・猛反省
日曜日の函館記念はエリモハリアーの三連覇という結果に終わりました。
私の予想には、エリモの「エ」の字も登場せず~

(><)しかも、コスモテナシャス 放馬 
おいおい、お前がペースを作ってくれないと
私の予想が根底から覆るでしょ~
   と、レース前から嫌な予感が・・・

結果

1着 - 4エリモハリアー
2着 - 5ロフティーエイム
3着 △ 6サクラメガワンダー
4着 ○ 2アドマイヤフジ

4着 △ 1ナムラマース
7着 ◎ 11シルクネクサス

9着 △ 9マチカネキララ

除外 ▲ 8コスモテナシャス

11頭立てでこのありさま・・・

今回の予想で切った順は

7マイソールサウンド

4エリモハリアー

5ロフティーエイム

早々と1着馬と2着馬を切りました(^^;)
この時点でもうアウトですよね。

とくに悔やまれるのは、エリモハリアー
私の予想の基本である「実力はあるのに人気のない馬」を簡単に切ってしまったことが残念です。
函館の重い洋芝適正は十分にあるのは承知の上でしたが・・・

7歳馬で前走大敗・三連覇は無いだろうということで・・・
誰もがそう思って人気がないのは確実の馬。

まさしく狙い目の馬だったはず・・・
まだまだ修行が足りません。
こういう馬にスパ~ンと◎を打てるようになりたいものです。

仮に、4エリモを残していても・・・
5ロフティー切ってますから結果は一緒なんですけどね(^^;)
同じ失敗を繰り返さないように予想していきます。
エリモは四連覇目指すのかな~
函館記念予想
日曜日函館メインは、函館記念G3芝2000m

函館9R
農林水産省賞典
函館記念(GIII)


函館記念は、ハンデ戦ということもあって二桁人気の馬が突っ込んできて「荒れる」イメージなのですが、近年は比較的順当な決着に終わっているようです。
巴賞からのローテが相性良いレースですが、出走馬をみてみると・・・
巴賞組7頭、残りは全部G1出走組です・・・

相性の良さを重視するのか、強いところと戦ってきた実績を重視するのか、いろいろな見方ができる難しいレースです。
ならば、両方の条件を備えている馬がいれば本命は決まりでしょうか(^^;)

◎ 11シルクネクサス

本当に巴賞かつG1出走経験馬が本命で(^^;)
ローテも重要なファクターの一つですが、もちろんそれだけではなく、スピードある先行馬が有利になりそうな展開とみて、この馬が一番合いそうなのが◎の要因です。

○ 2アドマイヤフジ

実績ではこの馬が一番でしょう。
G1でも好走している馬なので、このメンバーの中でも上位。
ただし、位置取りが後ろ過ぎると届かない事もありうる?

▲ 8コスモテナシャス

人気薄で好走しそうなのはこの馬ではないでしょうか。
先にも挙げたように、スピードのある先行馬有利な展開とみると、チャンスは十分あると判断します。

△に3頭

6 サクラメガワンダー

1 ナムラマース

9 マチカネキララ
アイビスサマーダッシュ予想
日曜日新潟メインは、アイビスサマーダッシュG3芝1000m

新潟11R
アイビスサマーダッシュ(GIII)



もはや、新潟の名物になっている直線の5ハロン戦です!
歴史はそれほど古くはなく、今年で7回目のレース。
その7回の開催で抱いている漠然としたイメージは、3歳牝馬に外枠有利。
しかし、改めて正確に過去データを覗いてみると・・・
3歳牝馬が勝ったのは2005のテイエムチュラサンと2006のサチノスイーティー。

真新しい記憶が頭に残ってるだけじゃん(^^;)
人間の記憶とはこんなもんです。古い記憶を捨てて、新しい記憶を積み上げているにすぎないんですね。
なので、過去のデータを改めて見返してみるのは重要な事だと再認識した次第です。

「外枠」については、確かに外よりが上位にきていますが、今年は開幕週でのレースで内が荒れているわけでもなく、傾向として見るのは少々疑問です。
ただし、一つ言えるのは新潟芝直線1000mは先行有利。
スピードで押し切れる能力のある馬に勝つチャンスがあると判断しています。

◎ 4シルヴァーゼット

前目の競馬で、スピードで押し切れる能力の高い馬を選択すると、この馬です。
このレースは初というのが意外な感じですが、直線1000mは合っていそうです。

○ 10スピニングノアール

スピード能力的には突出しているわけではありませんが、好位から差してくるのはこの馬とみます。
芝直1000mの経験が豊富なのは買いですし、前走の内容から人気が落ちているようで狙いです。

▲ 18アイルラヴァゲイン

実績からは外せない一頭です。
ただ、外枠有利とはいえ18番は微妙な感じがして・・・
スタートで後手を踏むと、内からかぶせられて行き場がなくなりそうで・・・
鞍上の力が必要になりそうな展開にも少々不安があり、スピニングノアールとそんなに差はありませんが、▲評価で。

△に4頭

3クーヴェルチュール

9サチノスイーティー

2テイエムチュラサン

16ナカヤマパラダイス
七夕賞予想
日曜日福島メインは、七夕賞G3芝2000m

福島11R
七夕賞(GIII)


夏のローカルハンデ戦、斤量やコース適正はもちろん、福島最終週で相当馬場は荒れている感じということもあって、外枠・ダート実績にも注意が必要です。


◎ 5アップドラフト

枠はちょっと気になりますが、この馬から勝負です。
元々、素質のある馬ですが、久々の競馬・昇級初戦等々で嫌われる要素が多く、実力あるのに人気のない今回が一番の狙い。
今の福島の馬場もこなせそうですし、切れる脚を十分に発揮してくれることを期待します。

○ 12フォルテベリーニ

外枠・斤量・夏のローカルとこの馬にとっては良い条件が揃ったような気がします。

▲ 10ニホンピロキース

荒れ馬場はそんなに得意では無いですが、54kgは魅力です。
相手弱化でチャンスありとみます。

△に4頭

16アクレイム

9ユメノシルシ

8ヴィータローザ

4サンバレンティン
プロキオンステークス予想
日曜日阪神メインは、プロキオンステークスG3ダート1400m

阪神11R
プロキオンステークス(GIII)


過去の傾向を見ると、1番人気の信頼性は高く、穴党には相性の悪いレースです(^^;)
前日オッズ(7日23時現在)では、14ワイルドワンダーの断トツ一本かぶり。
ヒモ荒れを期待するのか、1番人気を切り捨てて大荒れ予想に走るのか・・・

◎ 5オフィサー

1番人気の信頼性は確かに高いですが、前走欅S組の相性の良さにかけてみます。
もちろん、それだけではなく出走馬の中では一番切れる脚があると評価しているのが一押しの理由です。

○ 2ワキノカイザー

人気ないようですが、私の中では、このメンバーの中ではベスト3に入るぐらいの高評価の馬です。
特に阪神ダート1400mでは良い走りをする印象があります。
展開も向きそうです。

▲ 1ドンクール

この馬もコース適正・展開合いそうで、抑えたい一頭です。

そんなに切れる脚はありませんが、スピード能力は高くバランスの良い馬というイメージ。

△に4頭

14ワイルドワンダー

16メイショウサライ

9ブルーフランカー

11ボードスウィーパー
ラジオNIKKEI賞(GIII)予想
日曜日福島メインは、ラジオNIKKEI賞G3芝1800M

福島11R
ラジオNIKKEI賞(GIII)


昨年はこのレースのソングオブウインドの走りが印象に残り、菊花賞の予想に役に立ったのを思い出します。
案外、ラジオNIKKEI→菊とうい法則が成り立つのか??

◎ 9ガルヴァニック

このメンバーでは、やはり最後の直線勝負になりそうな展開でしょうか。
瞬発力勝負ならば、この馬かクランエンブレムが抜けているような気がします。
位置取りは、クランエンブレムのすぐ後ろあたりに付けそうで、展開的にはこの馬の方が有利とみて本命に。

○ 4クランエンブレム

実力では上位なのは間違いのないところ。
◎とはほとんど差のない評価です。

▲ 7スクリーンヒーロー

小回り・平坦・1800mで、この条件にはまりそうです。

△に4頭

2トーセンアーチャー

11ムラマサノヨートー

16バブルウィズアラン

1レットイットライド
函館スプリントステークス予想
日曜日函館メインは、函館スプリントステークスG3芝1200m

函館11R
函館スプリントステークス(GIII)


3歳から9歳まで、牡馬・牝馬・セン馬入り混じり、別定戦ではありますが・・・
52kg~57kgまでの斤量差のついた超難解レースです(^^;)

◎ 4サープラスシンガー

2歳時には、一押しのマル外でした。
休み明けをどう評価するところですが、得意の距離で52kg。
プラス要素の方が大きいとみます。
函館の馬場が合うかどうかがキーになりそうです。

○ 11アドマイヤホクト

3歳馬の1・2で決まりそうな感じがヒシヒシと・・・
シープラスシンガーと同様に、前目で競馬をしてさらに切れる脚を使えるのは強みです。

▲ 12アズマサンダース

突出したスピードや瞬発力があるわけでは無いのですが、平均した能力のある馬という印象。
前での競馬で残る力はあるとみます。

△に4頭

9ビーナスライン

2アグネスラズベリ

13コスモシンドラー

3アンバージャック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。